Aryakaの 第5回年次 グローバルなWANの状況

レポートでは、1350以上のグローバル企業からのSD-WANおよびSASEの成功に関するインサイトを示します



Aryakaの第5回年次グローバルな WANの状況

第5回年次グローバルなWANの状況レポートでは、すべての地域、さまざまな業界のグローバル企業の1,350を超えるネットワークおよびIT実践者を調査し、2021年以降のWANの課題、優先順位、および計画の理解を深めました。

詳細については、レポートをダウンロードしてください。

  • セキュリティ、リモートアクセス、採用にあたっての障壁の軽減を含む、投資の優先順位の変化
  • 複雑さ、アプリケーションパフォーマンス、クラウド接続、さらにIoT、5G、ブロックチェーンなどの新しいテクノロジーにも引き続き重点を置きます
  • 年ごとの変化、および地理的な違い

レポートをダウンロードする

State of the WAN 2021 Infographic

Aryaka 2021グローバルなWANの状況インフォグラフィック – SD-WANおよびSASE成功のためのインサイト

このインフォグラフィックは、SASEの採用計画やパンデミック後のハイブリッドワークプレイスなど、ITがこれらに対処するために実装している今日のWANの課題と手順を詳しく説明しています。

Aryakaの 第5回年次 WANレポートのグローバルステート

AryakaのグローバルWANレポート第5回へようこそ! 2020年は言うまでもなく忘れられない年であり、2021年も同じようになるでしょう!

State of the WAN 2021 blog

2021 WANのグローバルな状況オンデマンドウェビナー

このパネルディスカッションでは、Aryakaの専門家がWANレポートの第5回グローバルステートの調査結果を見ていきます。今年のレポートで、ネットワーキングとセキュリティの融合、継続的な在宅勤務計画、複雑さとアプリケーションパフォーマンスに関する共通の懸念など、いくつかの共通のテーマについて言及しなければならないことを確認してください。

AryakaのWAN第5回年次グローバルステートに関するレポートは、1,350ものグローバル企業からのネットワークインサイトを明らかにしています

カリフォルニア州サンマテオ– 2020年3月23日 – 、 – Aryaka®, フルマネージドクラウドファーストWANソリューションの代表者は、本日5回目の年次レポート を発表しました。2021 WANのステート、グローバルSD-WAN およびSASE計画に関する業界の主要な調査。 今年のレポートで特定された主な傾向は次のとおりです:

State of the WAN 2021 PR