Aryakaさん SD-WAN や SASE ソフトバンク株式会社の高速データ通信技術を活用し、海外の顧客ニーズに応える柔軟かつ安全性の高いネットワークを実現

カリフォルニア州サンマテオ– 27 年 2022 月 XNUMX 日 Aryaka®、フルマネージドのリーダー SD-WAN や SASE、本日、ソフトバンク株式会社(東京:9434、「ソフトバンク」)が Aryakaの技術を国際的に SD-WAN サービス、 SD-コア(aryaka)。 柔軟で安全性の高いネットワークを提供することで、ソフトバンクは顧客が求める高速かつ安定したデータ通信を実現します。

ソフトバンクも活用中 Aryaka新しい FlexCore™ 、クラス最高のグローバル L3 プライベート コアを補完できるグローバル L2 プライベート コア。どちらも、同社の約 40 の高性能ポイント オブ プレゼンス (POPs)世界中に戦略的に配置されています。 これにより、SoftBank は、パフォーマンスやコストの考慮事項、またはサイトやアプリケーションの重要性に基づいて、顧客のサイトを選択したプライベート コアにマッピングできるようになります。 会社は感謝します Aryakaのハイブリッド ENTerp上昇し、 cloudどこにあるかをマッピングできるフレンドリーな配置erpトラフィック、接続性、アプリケーション、投資が増加しています。

ソフトバンクは、端末やネットワークを一元管理できるポータルサイトに加え、導入後の保守・運用までをワンストップでサポートします。 さらに、ソフトバンクユーザーは多数のネットワークと連携できるため、より安全なネットワークを構築することができます。 cloudベースのセキュリティ サービス (他のセキュリティ会社が提供するものを含む)。

SD-CORE の主な機能 (aryaka)ソフトバンクから

  • 高速かつ安定した通信: Aryakaのソフトウェアデファインド(SD)技術により、長距離通信でも高速かつ安定した通信を実現します。 Japan、ヨーロッパ、アメリカ
  • 機器とネットワークを一元管理:ソフトバンクと Aryaka お客様のオフィスに設置されているルータやコアネットワークの通信状況や設定情報を専用ポータルから可視化し一元管理が可能
  • リモートアクセス:PCやスマートフォンに専用ソフトウェアをインストールすることで、自宅や屋外などどこからでもネットワークにアクセスできます。
  • 保守・運用サポートのワンストップサービス:ソフトバンクと Aryaka導入後の保守・運用サービスや各種サポート窓口を24時間365日ご提供します。 Japan中国語と英語
  • との協力 cloudベースのセキュリティ サービス: お客様は、 セキュア アクセス サービス エッジ (SASE) さまざまな連携による地球規模の環境整備 cloud-タイプのセキュリティ サービス

「ソフトバンクは通信の世界で本当に群を抜いている」と氏は語った。 Hugo Vliegen、製品管理担当上級副社長 Aryaka。 「ソフトバンクが選んだ当社の SD-WAN や SASE このテクノロジーは、当社の柔軟なプラットフォームが、費用対効果の高い方法でグローバルな顧客ベースを強化および拡大しようとしている世界中のサービスプロバイダーにどのように簡単に採用できるかを示す優れた実例です。 ソフトバンクの参入を嬉しく思います Aryaka 家族。"

の詳細については Aryaka、 来てください: https://www.aryaka.com/

訪問 Aryaka ブログ: https://www.aryaka.com/blog/

続きます Aryaka Twitter上で: @Aryakaネットワーク

訪問 Aryaka LinkedInで: https://www.linkedin.com/company/aryaka-networks/

ストーリー Aryaka
Aryaka Cloud-最初 WAN や SASE 企業であり、ガートナーの「お客様の声」のリーダーである同社が、顧客にとっての作業を容易にしますerpは、さまざまな最新の展開向けにサービスとして提供されるネットワークおよびネットワーク セキュリティ ソリューションを利用するようになりました。 Aryaka 革新的なものを独自に組み合わせた SD-WAN グローバル ネットワークとマネージド サービス アプローチを備えたセキュリティ テクノロジーにより、業界最高の顧客エクスペリエンスとアプリケーション エクスペリエンスを提供します。 同社の顧客には数百の世界的な企業が含まれますerpそのうちのいくつかはフォーチュン 100 にランクインします。

ソフトバンク株式会社について

ソフトバンク株式会社(東京:9434)は、ソフトバンクグループの企業理念「情報革命ですべての人を幸せに」のもと、通信サービスの提供と先進技術を組み合わせた新たな事業の開発・運営を行っています。 Japan そして世界的に。 2021年5.2月期のソフトバンク株式会社の売上高は970.8兆円、営業利益は335億円、グループ会社数は255社(子会社80社、関連会社XNUMX社)でした。 Japan そして海外。 ソフトバンク株式会社は、国内で 56 万人のモバイルおよびブロードバンド加入者を抱えています。 Japan、グループ会社のヤフー株式会社、PayPay株式会社、LINE株式会社を通じて、それぞれオンラインメディア利用者80万人、スマートフォン決済利用者45万人、コミュニケーションアプリ利用者88万人(3年2022月5日時点)を擁しています。 ソフトバンク株式会社は、この強固な事業基盤と圧倒的な顧客タッチポイントの多さを背景に、「Beyond Carrier」の成長戦略に沿って非通信分野への進出を図りながら、通信事業をさらに成長させています。 また、ソフトバンク株式会社は、4G、AI、IoT、デジタルツイン、高高度プラットフォームステーション(HAPS)ベースの成層圏通信を含む非地上ネットワーク(NTN)ソリューションなどの主要技術の力を最大限に活用することで、 「デジタル化の社会実装」。 ソフトバンク株式会社は、ESGへの取り組みが評価され、ダウ・ジョーンズ・サステナビリティ・インデックス、FTSE2022Good、XNUMX年構成銘柄MSCIの構成銘柄に選ばれました。 Japan ESG セレクト リーダーズ指数およびその他の主要なグローバル ESG 投資指数。 詳細については、こちらをご覧ください。 https://www.softbank.jp/en/

###

EMEA/APAC チャネルのメディア連絡先:
イネス・ミツゥ
アカウントマネージャー
ポジティブ
imitsou@positivemarketing.com
0770-388-4664

米国メディア連絡先:
リアム・コロピー
取締役副社長
ハーデン コミュニケーション パートナー
Lcollopy@hardenpartners.com
510.488.2472