世界は変わりました。そして変化し続けます。

現代の歴史の中で、世界経済の軌道を真に混乱させた瞬間はほんの一握りです。大恐慌。第二次世界大戦。インターネット ドットコム ブーム (およびその後の崩壊)。大不況。ゼロパーセント金利が19年続いた。新型コロナウイルス感染症(COVID-XNUMX)のパンデミック。

同様に、情報テクノロジーの歴史は、テクノロジーが破壊的な役割を果たしてきたことを示しています。 IT が社会、経済、およびエンタープライズの軌道に影響を与えたことは疑いありません。erp上昇します。メインフレームからクライアント/サーバーまで。オンプレミスのデータセンターから Cloud コンピューティング。そして今、オートメーションと機械学習から人工知能 (AI) と AIOps まで。

これらの力が合わさった影響は、数十年とは言わないまでも、何年にもわたって感じられるでしょう。

耳鼻咽喉科用erp従業員の増加と IT チームの長期的な効果が今まさに顕在化しつつあります。資本コストの上昇。どこでも働ける労働力。どこにでも存在できる分散ワークロード。増え続けるサイバーセキュリティの脅威と拡大する攻撃対象領域。紛れもなく世界的な熾烈な競争。この世界のあらゆる場所からの凶悪な敵。すべての衝撃的な瞬間と同様に、勝者と敗者が存在します。そして、先頭に立ってトップに立つのは、最も進化して適応できるものです。機敏で柔軟なもの。ネットワーキングとネットワーク セキュリティは、あらゆる企業にとって重要な役割を果たします。erp新しい時代におけるriseの成功。

Aryaka ITチームと企業を支援するために存在しますerpこの変化した世界で繁栄するために立ち上がる

進化し繁栄するための DNA

進化には回復力と柔軟性が必要です。しかし、異なる時代に向けて構築されたネットワークとセキュリティのアーキテクチャを渡されることが多い IT リーダーにとって、回復力と真の柔軟性は、ほとんど達成不可能な目標でした。今まで。

Aryaka CISO を支援し、 CIO企業と IT チームは、ネットワーキング、セキュリティ、可観測性をサービスとして提供される単一のプラットフォームに統合することで、グローバルな安全なネットワーク アクセスを最新化、最適化、変革し、その過程で運用を簡素化します。

私たちは、従来サイロ化されていた次のような製品を統合します。 SD-WAN、次世代ファイアウォール、セキュア Web ゲートウェイ、IDPS など、および可観測性サービスをシングルパス アーキテクチャとグローバル プライベート コア ネットワークに統合します。エントの代わりにerpを構築する必要性が高まる cloud- 接続されたソフトウェア デファインド ネットワークとセキュリティ アーキテクチャにより、当社のネットワークに簡単に「接続」し、サービスとして利用できるようになります。導入は月や年ではなく、日や週で測定されます。ネットワークとセキュリティ ポリシーの変更は、瞬時にどこにでも適用されます。で構築されたアーキテクチャを備えたプラットフォーム cloud、用 cloud。統合セキュア アクセス サービス エッジ (SASE) をサービスとして。

グローバルで安全なネットワーク アクセスを実現するのは難しい

組織は、ますます複雑化する IT、セキュリティ、ネットワーキング環境に直面しています。デジタル変革、リモートワーク、ハイブリッド コンピューティング、およびデータセンターやマルチネットワークにわたるワークロードの絶え間ない進歩。cloud 環境、AI と自動化の導入の増加、セキュリティの脅威の蔓延、熟練したセキュリティ リソースの不足がすべて組み合わさって、CISO と CIOパフォーマンスや可用性を損なうことなく、より安全なネットワーク アクセスを実現します。

同数の CIOと CISO は、たとえ最良のアイデアであってもそれを証明します sla現実の逆風に直面しています。という考えに基づいて構築する SASE これは、従来サイロ化されていた 2 つの専門分野を統合するため、困難です。erp現職者によって評価される。柔軟性のないものを廃止することは実際には通信事業者にとって最善の利益ではありませんが、非常に有益です。 MPLS リンクと引き換えに、高速で効率的、コスト効率の高いソフトウェア定義を実現 WAN。同様に、従来のハードウェア SD-WAN セキュリティ ベンダーが統合マルチテナント ボックスの有利な契約を断念するのは当然のことです。 cloud ソリューション。さらに言えば、世界中の才能と経験が豊富に揃っているという事実です。 cloud、アプリケーション配信、ネットワーク、セキュリティは薄くなり、ますます薄くなっているため、CISO や CIOサポートと、より良いエクスペリエンスを備えたより良いソリューションを探しています。彼らの組織は単に wanつまり、セキュリティ、パフォーマンス、機敏性、柔軟性が必要であり、それを達成するために遅かれ早かれ行動する必要があります。

私達は設計しました Aryaka Unified SASE as a Service まさにそれをお届けするために。

企業間とアプリ間の SASE

IT 市場には、Secure Access Service Edge (SASE2019 年にアナリスト会社 Gartner によって作られた造語である ) も例外ではなく、ベンダーはこれに独自の意味とマーケティングを付加しています。市場に混乱が生じていると言っても過言ではありません。統合された SASE、ネットワークおよびセキュリティのアナリスト会社によって導入されたフレーズ Dell’Oro Group、統合され高度に統合されたアプローチを表します。 SASE。ネットワーキング サービスとセキュリティ サービスを単一ベンダーの単一プラットフォームに結合し、ネットワーク ポリシーとセキュリティ ポリシーの両方に統合ポリシー リポジトリを利用します。

SASE サービス中心であり、 cloudネットワーク接続を提供し、ユーザー、デバイス、アプリケーション間のセキュリティを強化する、ベースのテクノロジー ソリューションです」とマウリ氏は述べています。cio サンチェス シニアリサーチディレクター、耳鼻咽喉科erpネットワーキングとセキュリティの向上 Dell’Oro Group。 「組織は統合を受け入れています。 SASE これらの機能を統合され、緊密に統合されたサービスとして提供し、ネットワークの拡張性、俊敏性、セキュリティを向上させるアプローチ

企業間とアプリ間の SASE 焦点:

  • 管理とプロビジョニングのための真の単一画面
  • 構成と可観測性の両方を実現する統合されたコントロール プレーン
  • ネットワーク機能全体にわたる共通のネットワーク/サービス/アプリケーション/ユーザー ポリシーと
    セキュリティ機能
  • 特定のトラフィック セッションのシングルパス アーキテクチャは、処理タッチ ポイントを 1 回だけ通過します。 SD-WAN 機能とセキュリティ機能
  • すべてのユーザー、アプリケーション、サイトにわたる攻撃対象領域の削減

このアプローチの約束は、コストと複雑さを軽減しながら、より良いユーザー エクスペリエンスを提供することです。勝って、勝って、勝って。

私たちはそれをさらに一歩進めて、 Aryaka Unified SASE as a Service.

Aryaka Unified SASE as a Service

本サイトの Unified SASE as a Service この製品は、次の 5 つの魅力的なビジネス上の利点を提供します。

  • ネットワークの攻撃対象領域とリスクの削減
  • ワールドクラス SaaS とマルチcloud アプリケーションのパフォーマンス
  • ビジネスと運用の機敏性の向上
  • 「As-a-Service」の柔軟性と経済性
  • 成功への自信: 順調に進んでいます SASE 旅

4 つのコア要素

4 つの要素を 1 つのプラットフォームに結合し、サービスとして提供します。その結果、当社のアプローチはパフォーマンス、俊敏性、シンプルさ、セキュリティを実現し、グローバルな安全なネットワーク アクセスを変革します。

Aryaka OnePASS™ アーキテクチャ

の特徴的なのは、 Aryaka Unified SASE as a Service プラットフォームは当社のシングルパス アーキテクチャであり、erpは、特定のデータ パケットを 1 回だけ検査しながら、包括的な検査と処理を実行します。 OnePASS アーキテクチャは、すべてのフローがすべてのユーザーに対して「完了まで実行」されることを保証します。 SASE 機能 – ネットワークサービス、 NGFW、IDPS、SWG、マルウェア対策などの将来の機能。グローバル規模の展開全体でユーザーのパフォーマンスに影響を与えることなく、ポリシーを一貫して適用します。

単一ペイン管理

ネットワーク サービスとセキュリティ サービスの両方の管理、プロビジョニング、可観測性を単一画面で実現します。これは、トラフィックのパフォーマンス特性とセキュリティ側面を可視化する機能です。マネージド サービスの一部として、NOC/SOC は導入環境全体を可視化し、 AI/ML プロアクティブな問題の特定と解決のためのデータ分析。耳鼻咽喉科erpまた、rise には、ロールベースのカスタマー ポータルと、トラフィック ログのエクスポートなどのサードパーティ ポータルとのインターフェイスも必要です。

統合コントロールプレーン

SASE これらの機能を一貫した方法で結び付ける統合コントロール プレーンを一元的に調整し、数百の場所とユーザーにポリシーを一貫して適用して、ポリシーが適切に適用されるようにする必要があります。周知のとおり、セキュリティ侵害の主な理由の 1 つは、複雑さ、知識不足、監視不足による構成ミスです。統合されたコントロール プレーンがなければ、セキュリティを遍在的かつ一貫して適用することは困難、または不可能です。 as-a-service の側面を考慮すると、 SASEマネージド サービス プロバイダーはこの制御を効果的に提供し、IT 部門の負担と構成ミスの可能性を取り除くことができます。

分散型データプレーン

ユーザーとアプリケーションがどこにいても、セキュリティの適用はソースに近いところで行われる必要があります。セキュリティ管理は、複数の場所や必要な場所で簡単に実施できる必要があります。しかも一度だけ。あらゆる範囲の攻撃に対処し、より優れたセキュリティ エクスペリエンスを提供するには、適切なセキュリティ機能をあらゆる場所に適用できる必要があります。このアプローチでは、ユーザーのいる場所に最も近い場所、つまりエッジ アプライアンス上の顧客構内または PoP/cloud – そしてアプリケーションが存在する目的地に近づくことができます。

Aryaka ゼロトラスト WAN

Aryakaのグローバル プライベート ネットワークは、ネットワークの最初から中間、そして最後のマイルまでセキュリティとパフォーマンスを提供します。 Private Core バックボーンの相互接続 Aryaka 冗長な専用リンクを介した POP の場所。お客様には、オフィス間のトラフィックに特定の帯域幅が割り当てられたプライベート コア バックボーンを選択するオプションがあります。 Aryaka オフィスと最寄りの POP ロケーション間のトラフィックがプライベート コアを利用して接続されるようにします。このアプローチには、低ジッター、確定的なスループット、確定的な遅延などの利点があります。 entも提供しますerp安全、高速、信頼性の高い立ち上がり cloud および SaaS 世界中のどこからでもアクセス可能。

さらに、プライベート バックボーンを活用すると、パフォーマンス上の利点が得られるだけでなく、いくつかのセキュリティ上の利点も得られます。インターネット上のトラフィックの暗号化は、インターネット上のトラフィックの暗号化が一般的です。 SASE プロバイダーに提供することで、攻撃者によるデータの解読を防ぐことができますが、それでも貴重な情報を収集することができます。たとえば、攻撃者はトラフィック量のパターン、パケット長、送信元/宛先、その他のトラフィックのメタデータを識別する可能性があります。このインテリジェンスは、攻撃者が後で実行できるさまざまな攻撃を特定するのに役立ちます。さらに、攻撃者はトラフィックを注入して DoS 攻撃を開始できる可能性があります。前に述べたように、攻撃が成功する可能性を軽減するには、攻撃対象領域を減らすことが重要です。の Aryaka プライベート コア ネットワークは、POP 間のトラフィックに国を越えたインターネット バックボーンの利用を回避するため、攻撃対象領域を最小限に抑え、これにおいて重要な役割を果たします。

Aryaka サービス: ネットワーキング、セキュリティ、可観測性

このアーキテクチャとプライベート グローバル コア ネットワークに基づいて、統合ポリシー、ネットワーク セキュリティ、 SD-WAN、アプリケーションの高速化、 WAN 最適化、可観測性サービス、およびサードパーティ ソリューションの統合サービス。

  • SD-WAN: グローバルなサポートを受けてコストとパフォーマンスが最適化されたグローバル コア ネットワークに導入します。 SLAs
  • マルチ - Cloud 接続性: 何百もの接続 cloud サービスプロバイダーを数分で
  • SaaS 加速: のパフォーマンスを向上させます。 SaaS ハードウェアの導入やオーバーヘッドなしで、世界中のどこからでもあらゆるユーザーにアプリケーションを提供
  • セキュリティ サービス: ブランチとブランチの両方向けのソリューション cloud 分散型エンタープライズに最適に対応するための展開erpライズのセキュリティ要件:
    • 安全なリモート アクセス: フルマネージド VPNaaS リモートユーザーおよびモバイルユーザー向け
    • 次世代ファイアウォール – セキュア Web ゲートウェイ、マルウェア対策、IPS: オンプレミスとリモート ワーカーの両方に対する統合セキュリティ ポリシー
  • マネージド ファイアウォール サービス: サードパーティ製ファイアウォールの統合管理
  • ラスト マイル サービス: 有線および無線接続のグローバルな調達と管理
  • プロフェッショナルサービス: Aryaka サードパーティ管理のファイアウォールのデイ 0 サービス。 Aryaka SmartHands は、インストールとアクティベーションを支援します。 Aryaka 提供サービス

  Aryaka カスタマー ポータルは、共同管理されたリアルタイム ポータルでモニタリング、洞察、アラート、レポートを提供し、ユーザーがサービスの提供に希望するオプションを選択できるようにします。

Aryaka 柔軟な配送オプション

変革の道のりはそれぞれ異なり、各組織は独自のペースで前進します。私たちは、変革をもたらすセキュア ネットワーク アクセスの途上にある組織をどこにいても対応します。組織にはさまざまなスキル、レガシー製品、運用アプローチがあります。当社の柔軟な配信オプションとサードパーティのセキュリティ製品を統合する機能により、各組織のニーズに合わせて取り組みを調整することができます。これにより、組織は当社のソリューションを独自の方法、ペースで実装し、自己管理、共同管理、および管理から選択できるようになります。 Aryaka- マネージドサービスの提供。私たちはこう言いたいのです。「それはあなたの道です、あなたの道です」 SASE 旅。

変化が起こります。進化は避けられません。

変化が起こります。進化は避けられない。ユーザーはどこにいても安全なアクセスを必要としますが、 cloud アプリケーションでは、すべてのアプリケーション データにアクセスする必要はありません。同様に、アプリケーションはどこにでも存在できますが、すべてのエントリにアクセスする必要はありません。erp上昇データ。最小特権アクセスと ID ベースのアクセス制御と、決定論的なネットワーク パフォーマンスのバランスをとることが将来の課題です。ネットワーク全体にわたる可観測性の必要性も同様です。変化するビジネス ニーズや進化するセキュリティの脅威に適応するために、機敏かつ柔軟であることも同様です。 Aryakaさん Unified SASE as a Service この未来のために設計され、構築されました。組織がパフォーマンス、俊敏性、シンプルさ、セキュリティのすべてをトレードオフなく実現できるように設計されています。

Aryaka 独自のネットワークによる包括的なソリューションを提供し、 PoPs、 マネージドサービス、 SASE他のベンダーは優れた技術を持っていましたが、単に箱を販売しているだけでした。」

企業情報 Aryaka

Aryaka リーダーであり、最初に成果を出します Unified SASE as a Service、のみ SASE パフォーマンス、俊敏性、シンプルさ、セキュリティをトレードオフなく提供するように設計および構築されたソリューション。 Aryaka 顧客の独自の立場で会う SASE シームレスな旅を可能にするsslネットワークとセキュリティ環境を最新化し、最適化し、変革します。 Aryakaの柔軟な配信オプションがエンタープライズを強化しますerp実装と管理のための好みのアプローチを選択するようになります。数百のグローバル ENTerpFortune 100 に含まれる企業を含む企業の上昇は、 Aryaka for cloud-ベースのソフトウェア デファインド ネットワーキングおよびセキュリティ サービス。さらに詳しく Aryaka、ご覧ください。 WWW。aryaka.COM.

[メール保護] | 1.888.692.7925 +