aryaka

Aryaka SmartLINK: ラストマイル向けのインテリジェントな回復力

aryaka スマートリンク mpls

インターネットのパフォーマンスは多くの地域で着実に向上していますが、多くの地域では、erp新興企業は依然として、自分たちを完全に置き換えることを躊躇している MPLS WAN よりコスト効率の高いインターネット リンクを備えたインフラストラクチャ。 インターネットは、ほとんどの場合、重要ではないアプリケーションをオフロードしてデータを保存するためにのみ使用されます。 MPLS 確定的なメリットを享受できる、ビジネスクリティカルなトラフィックの帯域幅 QoS および/または認識されているセキュリティ上の利点 MPLS.

いくつかの要因が重なって、一見安全な選択が可能になっています。 MPLS 新しいパラメータの下で考慮する必要がある継続性:

  • への大量移住 cloud これにより、ユーザー エクスペリエンスが非常に低下する可能性があるため、従来のブランチから HQ/DC バックホール アーキテクチャが時代遅れになりました (詳しくは、 こちらをクリックすると、ツールが開きます。).
  • グローバル展開では、サービスプロバイダーが保証することはほとんどありません。 SLAs 管理領域を超えて、優れた期待を与える MPLS QoS パフォーマンスに疑問があり、世界規模で遅延、ジッター、パケット損失を完全に制御するグローバル L2 コア ネットワーク アーキテクチャが必要であると主張しています。
  • 革新的なテクノロジーにより、支店へのラストワンマイルのインターネット接続も同様のパフォーマンスを発揮します。 MPLS リンク – わずかなコストで。

このブログでは、次の点に焦点を当てます。 Aryakaさん ラストマイル管理ソリューションを実現する秘伝のソース MPLSインターネットアクセスコストで同等のパフォーマンス Aryaka 建築。 SmartLINK は、多くのユーザーが Aryakaの800 お客さま 放棄することに決めました MPLS 全部。

SmartLINK は、 ANAP SD-Branch アプライアンスから Aryaka に最も近いエントリ ポイントを提供する PoP Aryakaさん グローバルL2コアネットワーク (完全な決定性を保証します QoS SLAs 世界中のあらゆる宛先に)。 Aryakaさん PoPs インターネット アクセス遅延が 95 ミリ秒未満で、世界のナレッジ ワーカー人口の 30% をカバーする方法で配布されています。

Aryaka スマートリンク

SmartLINK は、複数のテクノロジーを組み合わせることで遅延を最小限に抑え、長時間にわたるジッターとパケット損失を排除します。 ラストマイルインターネット 接続。通常、異なる接続によって提供される冗長インターネット リンクで構成されます。 ISPs。 SmartLINK の主な主要テクノロジーは次のとおりです (他にもあることに注意してください)。

パスの選択: パス選択ポリシーは、顧客のビジネスクリティカルなトラフィックに最適なリンクを選択します。 パス選択は、各パスのパケット損失と遅延をアクティブに監視し、最高のパフォーマンスを持つリンクを選択します。 これは、次のことを確実にするのに役立ちます。 Aryaka は、大量のパケット損失や遅延が発生しているパスにはトラフィックを送信しません。これにより、最終的にはネットワーク パフォーマンスとユーザー エクスペリエンスが低下します。 損失と遅延のしきい値を定義して、パスの選択をトリガーできます。

負荷分散: ロード バランシングにより、顧客は代替パスに交互のパケットを送信することで、プライマリとセカンダリの両方のパスを利用できるようになります。 トラフィックはラウンドロビン方式でパケットごとにリンク全体に分散されるため、リソースが非常に効率的に使用されます。

パスのレプリケーション: パス レプリケーション ポリシーを有効にすることは、損失回復メカニズムと考えることができます。 パス レプリケーションにより、顧客が選択したトラフィックをプライマリ リンクとセカンダリ リンク上でレプリケートできます。 リンクの XNUMX つで損失が発生した場合、XNUMX 番目のリンクが同じパケットをピアに配信します。 パスのレプリケーションを有効にすると、ピア間で重複したパケットが配信されます。 リモート ピアは重複したパケットを統合します。 パス レプリケーションはあらゆる種類のパスに適用できます。 QOS トラフィック

時限リプレイ: 有効にすると、各 (または XNUMX つの) リンクは、一定時間の遅延の後にパケットを自動的に再送信します。 これにより、損失が発生した場合でも損失がない場合でもパケットが確実に受信され、パスごとに XNUMX 倍のパケットが送信されます。 「Timed Replay」では、顧客が使用できる SBW が契約した SBW の半分になります。 Timed Replay は、パス選択とロード バランシングでのみ適用できます。 パス レプリケーションに時間指定リプレイを適用することはお勧めできません。 Timed Replay は、VoIP やビデオ トラフィックなどの UDP トラフィックに適しています。

パス損失適応回復: 適応型パス損失回復は、リンク上で失われたパケットを選択的に再送信するフィードバック メカニズムです。 これは特許取得済みの軽量のコンポーネントを使用して実装されています。 TCPパケット損失から回復するためのアルゴリズムのようなもの。 この場合、受信者が Aryaka ポップとか ANAP、パケットを受信しない場合、否定 ACK を開始し、失われたパケットの再送信をピアに要求します。 したがって、必要な帯域幅の量は、リンク上の損失パーセンテージに比例するだけで済みます。

これらのテクノロジーを SmartLINK に適用した結果、冗長インターネット接続が、最適で確定的なパフォーマンスを実現し、コストを削減できる媒体に変わります。 に代わるもの MPLS 犠牲にすることなく QoS.

WanSmartLINK のデモを見たいですか? デモを予約する こちらをクリックすると、ツールが開きます。.

著者について

ポール・リーゼンバーグ
ポールは取締役です Aryakaの製品ソリューション チーム。 Paul は、製品マーケティング、製品管理、セールス エンジニアリング、ビジネス開発、ソフトウェア エンジニアリングにおいて 20 年以上の経験を持っています。 Cisco、LiveAction、Bivio Networks、StrataCom。 ポールはスキューバ ダイビング、​​オートバイ、オープン ソフトウェア プロジェクト、油絵を楽しんでいます。
CTO の洞察

2023 年エントリーerpライズネットワーク変革レポート

レポートをダウンロード >>

企業間とアプリ間の SASE Whitepaper

Download Whitepaper >>

耳鼻咽喉科の戦略的ロードマップerpネットワーキングの上昇

レポートをダウンロード >>