大手 Software-Defined Network Platform プロバイダーは、新規顧客の獲得、インストール ベースの成長、チャネル パートナーの貢献の記録によって大幅な成長を達成し続けています

カリフォルニア州ミルピタス2 年 2016 月 XNUMX 日AryakaSoftware-Defined Network Platform プロバイダーである ® は本日、記録的な四半期を締めくくり、120 年第 1 四半期には 2016 年第 1 四半期と比較して 2015% 以上の予約増加を達成したと発表しました。

Aryakaのカレンダー 1 年第 2016 四半期のハイライト:

  • 有力なグローバル企業を含む 50 社以上の新規顧客を追加erpグッチ、ハバス ワールドワイド、東部大宇エレクトロニクスなどの新興企業が増えています。 第 1 四半期を終了し、顧客は 400 名を超えました。
  • 第 60 四半期の予約の 1% は新規顧客から生じたもので、40% はフットプリントを拡大して消費量を増加させた既存顧客から得られたものです。
  • 50 年第 1 四半期の予約の 2016% は、アジア太平洋地域からの強い需要を持つ国際市場から発生しました。
  • 55 年第 1 四半期の予約の 2016% はチャネル パートナーからのものでしたが、15 年第 1 四半期の予約は 2015% でした。
  • Sinthera、Ampito Group、Videns IT Services BV、IDCBC などの新しい主要なサービス プロバイダー、通信会社、VAR が追加されました。
  • 1 万ドル以上の未請求の残高を抱えて第 30 四半期を終了しました (顧客の契約上のコミットメントはまだ請求されていません)。

「当社の好調な第 1 四半期業績は、XNUMX 四半期連続の堅実な実行を示しています」と、社長兼 CEO のショーン・ファルシは述べています。 Aryaka。 「当社は過去 100 四半期にわたって XNUMX% 以上の予約増加を達成し、予想を上回りました。 アプリケーションのパフォーマンスを大幅に向上させ、グローバル企業のビジネス実行と生産性を向上させる当社独自の能力erpこれが当社のソリューションに対する需要の急速な増加とパイプラインの成長の主な原動力となっています。」

「当社の業績、特に第 1 四半期のチャネル収益の伸びに非常に満足しています」と、CFO のケリー・ヒックス氏は述べています。 Aryaka。 「特に地域のサービスプロバイダーからのパートナーの貢献の増加により、効率が向上し、粗利益の増加、資本支出の削減、収益に占める販売およびマーケティング費用の割合の低下につながります。」

その他のハイライト:

  • SD-WAN ウルトラローンチ: Aryaka の打ち上げを発表しました SD-WAN Ultra、初の完全統合型 SD-WAN 溶液 それは、 WAN 最適化と cloud/SaaS 加速度。
  • Microsoft Office 365 の ExpressRoute 接続: Aryaka Microsoft Office 365への直接接続を発表 cloud Azure ExpressRoute経由。

    耳鼻咽喉科erpを選択する上昇 Aryakaの Office 365 アクセラレーション プラットフォームにより、世界中のオンプレミス ネットワークを Microsoft Office 365 に拡張できるようになりました。 cloud 専用プライベート接続経由したがって、公共のインターネットやネットワークを介した一般的な接続よりも、より高い信頼性、より高速な速度、より低い遅延、およびより高いセキュリティのメリットが得られます。 MPLS.

  • XNUMX つの新しい特許: 米国特許商標庁は、次の技術に関する XNUMX つの新しい特許を発行しました。 Aryaka 企業が独自のサービスを提供できるようにするため、 cloud- 提供され、最適化された SDN プラットフォーム。 これらの特許は以下に付与されました。 Aryaka 革新的なマルチセグメント ネットワーク アーキテクチャとバイトレベルのデータ重複排除テクノロジーが評価されています。
  • ネットワークフットプリントの拡張: Aryaka 追加しました POPs サービスプロバイダーとのパートナーシップを通じて、ロンドンや東京などの地域で増加する需要に対応します。
  • 新しいオフィスの追加: Aryaka 米国のダラス、シカゴ、ニューヨークに加え、北京、ロンドン、 Singapore および Korea 国際市場に対応するため。
  • 新しい経営陣メンバー: ニケシュ・カルラが加入 Aryakaのリーダーシップチームには、事業開発および製品管理担当上級副社長として、プラシャンス・カリカ氏は製品管理担当副社長として加わりました。

私たちについて Aryaka
Aryaka グローバルなエンタープライズのあり方を変革していますerpライズは世界中のサイトとユーザーを接続し、ミッションクリティカルなアプリケーションを使用して現代のビジネス実行の需要をサポートします。 Aryakaのグローバル SD-WAN 専用のプライベートネットワークを組み合わせ、 SD-WAN、最適化および高速化技術、への接続 cloud プラットフォームとネットワークの可視性を、サービスとして提供される単一のソリューションで実現します。

WWW。aryaka.COM。 上で私たちに従ってください Twitter, Facebook, YouTube および LinkedIn.

Aryaka メディア連絡先
シェザド・カルカナワラ
広報マネージャー
Aryaka
408-273-8420
[メール保護]