比類のないサポートとアプリケーション エクスペリエンスで、Brexit 後の EU/UK 接続ギャップを埋める

ダブリン、アイルランド。 – 8年2021月XNUMX日 Aryaka Networksで、リーダー 完全管理 Cloud-最初 WAN および SASE サービスは本日、新たに引き直された EU 境界線内にあるアイルランドのダブリンで最新のサービス ポイント オブ プレゼンス (PoP) が利用可能になることを発表しました。 この展開は ent によって推進されましたerpデータ転送規制と将来性の確保に関する将来の相違を予測し、EU 内および EU 内でのさらなる接続に対する顧客の需要が高まる Aryakaの顧客ベースは拡大しています。 競合他社とは大きく異なる独自のアーキテクチャにより、優れた機能が提供されます。erp豊富なセットが登場します cloud- エッジが提供するマネージド ネットワーキングおよびセキュリティ サービス SASE オンプレミスとリモート ワーカーの両方に。

ダブリンの新たな事業により、アクセスがさらに拡大します。 Aryakaの世界クラスのマネージド サービスと顧客エクスペリエンスを、世界最大の単一貿易圏である XNUMX 億人の EU 国民に提供し、既存のサービスに加えて Aryaka PoPs フランクフルトとアムステルダム、そして現在はEU圏外のロンドンでも。 2021年中、 Aryaka も確立します PoPs パリとモスクワで。

この施設の最初の「テナント」には、EU加盟国が大半を占める10カ国で事業を展開する大手金融機関が含まれる。 Aryaka 将来の法改正の先を行き続けるためにアイルランドの首都を選んだslaEU 管轄下のデータ プライバシーの基礎である一般データ保護規則 (GDPR) など。

さらに多くのネットワーク オプションを提供する動きは次のようになります。 Aryakaの既存のヨーロッパの通信プロバイダーに取って代わる成功が加速しています。 今年初めにはドイツの企業Secuも買収したcloud、実証済みの SASE プラットフォームプロバイダーとして、この地域での拠点を拡大し、この地域の重要性を認識して、元SVP兼ゼネラルマネージャーのIan McE氏は述べました。wan、にも昇格しました。 グローバル最高収益責任者.

ヨーロッパの端で摩擦なし

欧州では、Brexit 移行に関連して、物理的および仮想的な国境でビジネスの混乱が発生しています。 国境摩擦は "ここに滞在します" EU首席交渉官ミシェル・バルニエ氏によれば、EU​​離脱から数カ月が経った今、isp物理的な境界にあるユートは残ります。 その結果、企業は将来の法規制に備えて、より柔軟な接続戦略を使用してデータ運用を将来にわたって保証することを検討しています。slaデジタルトランスフォーメーションの要求に耐えるために必要なクラス最高のアプリケーションパフォーマンスを維持しながら、あらゆる変化に対応します。

イアン・マックEwan、最高収益責任者 Aryaka、言った: "Aryakaの新しい EU 施設は、顧客からのフィードバックから直接生まれたものです。 当社は現在、これまでで最大の顧客にサービスを提供しているため、競合他社が真似できないレベルの柔軟性を提供するよう努めています。 この新世代の顧客 wan大手通信会社の現状に代わる選択肢。 Aryakaの新しい施設は、将来の政治的変化に関係なく、ビジネスを保護できることを意味します。 これはお客様にとって賢明で前向きな取り組みです。」

Aryaka グローバルなサービスの提供 PoPs

  • ダブリンの PoP が 40 を超える世界規模の組織に参加 Aryaka サービス PoPs 豊富なマネージド サービスを提供する上で、 cloud エッジは、接続、コンピューティング、ストレージを統合するアーキテクチャに基づいており、従来のトランスポート ハブや仮想とは大きく異なります。 PoPs。 アンオウtco私はこれと完全に一致しています SASE を定義するアーキテクチャ cloud- セキュリティ機能とオーバーレイとアンダーレイの統合を提供します。
  • 洗練されたアプリケーションの最適化、安全なマルチcloud 接続性、 Aryaka プライベート アクセスのリモート ワーカーの集約と計画された Securecloud サービス統合は、経由で提供される機能のほんの一例にすぎません。 Aryakaさん PoPs。 このアーキテクチャはエンタープライズへの扉を開きますerpを採用するために立ち上がる cloud-ネットワークとセキュリティインフラストラクチャに対する最初のアプローチ。
  • マルチ - cloud ソフトウェア デファインドと呼ばれる接続 Cloud 相互接続 (SDCI)、パブリックへの直接接続を提供します cloud PoPs AWS、Azure、Google、Alibabaを含む Cloud、Oracle、およびメジャーへの直接接続 SaaS 分野の様々なアプリケーションで使用されています。
  •   Aryaka サービス PoPsは、世界中のナレッジ ワーカーから 25 ミリ秒以内に配置され、専用のレイヤ 2 リンクを介して世界中で相互接続され、クラス最高のエンドツーエンドのアプリケーション パフォーマンスとリンクの可用性を保証します。 SLAs 最後のマイル、中間マイル、最初のマイルにまたがる、そしてそれをバックアップするもの Aryakaのオーケストレーションと可視性。
  • 全体的なマネージド サービス配信アーキテクチャは、以下に基づいています。 Aryaka このテクノロジーにより、問題解決のための単一の窓口とイノベーション ロードマップの完全な制御を通じて、比類のない簡素化された顧客エクスペリエンスが実現され、最終的には顧客の要件によりよく対応できるようになります。

の詳細については Aryaka、 来てください: https://www.aryaka.com/

訪問 Aryaka ブログ: https://www.aryaka.com/blog/

続きます Aryaka Twitter上で: @Aryakaネットワーク

訪問 Aryaka LinkedInで: https://www.linkedin.com/company/aryaka-networks/

企業情報 Aryaka
Aryaka Cloud-最初 WAN および SASE 企業であり、ガートナーの「お客様の声」のリーダーである同社が、顧客にとっての作業を容易にしますerpは、さまざまな最新の展開向けにサービスとして提供されるネットワークおよびネットワーク セキュリティ ソリューションを利用するようになりました。 Aryaka 革新的なものを独自に組み合わせた SD-WAN グローバル ネットワークとマネージド サービス アプローチを備えたセキュリティ テクノロジーにより、業界最高の顧客エクスペリエンスとアプリケーション エクスペリエンスを提供します。 同社の顧客には数百の世界的な企業が含まれますerpFortune 100 に数社がランクインするなど、上昇しています。

###

UK Aryaka メディア連絡先:

イネス・ミツゥ
アカウントマネージャー
ポジティブ
ペーハー:0770-388-4664
E: [メール保護]