特許が付与されたのは、 Aryakaの革新的なマルチセグメント ネットワーク アーキテクチャにより、エンタープライズ ネットワークの展開が可能になります。erpグレードアップ WAN 48 時間以内のデータ重複排除テクノロジーと、世界規模での大幅なスループットとアプリケーション パフォーマンスの向上をもたらすバイトレベルのデータ重複排除テクノロジー

AryakaSoftware-Defined Network Platform プロバイダーである ® は本日、米国特許商標庁が同社の独自のサービスの提供を可能にするテクノロジーに関して XNUMX つの新しい特許を発行したことを発表しました。 cloud- 提供、最適化 SDNプラットフォーム。 これらの追加に続いて、 Aryaka 現在米国で7つの特許を取得しています。 リーダーとしての会社をさらに確立する グローバルにサービスを提供する革新的なネットワーキング ソリューションの構築において、 cloud-enabled enterp上昇します。

米国特許番号 9,191,369、題名 Application Acceleration as a Service システムおよび方法、業界初の詳細を説明します。 マルチテナント、マルチセグメントのネットワーク アーキテクチャ それが可能に Aryakaの顧客は、標準の L2/L3 リンクを使用して会社のプライベート ネットワークに接続し、次のようなメリットを得ることができます。 cloud-配達されました、enterpワンランク上の接続性。 Aryakaの独自の展開モデルは、 会社の成功.

  • 耳鼻咽喉科erpライズは接続できます Aryakaのプライベート グローバル ネットワークは、各場所にある XNUMX つ以上のインターネット接続を介して接続されます。 過去 XNUMX 年間で地域のインターネットの品質と速度が大幅に向上したため、企業はエッジでインターネットのシンプルさと機敏性を活用しながら、インターネットを利用できるようになりました。 Aryakaのプライベート ネットワークをミドルマイル経由で確保し、erpワンランク上のパフォーマンス。
  • 一方、 MPLS 通常、プロバイダーはグローバル企業に 60 ~ 120 日間待つことを要求します リンクの場合、 Aryakaの展開モデルは以下を提供します。 48 時間以内のプライベートで最適化された接続.
  • Aryakaの顧客は、直接 L2 接続を使用して最寄りのネットワークに接続することもできます。 POPs 必要に応じて、インターネット接続の代わりに使用できるため、柔軟性がさらに高まります。
  • Aryakaのマルチセグメント アーキテクチャにより、企業は 最初、中間、最後のマイルにわたる差別化された最適化手法 長距離にわたって優れたアプリケーションパフォーマンスを提供します。

米国特許番号 8,959,155、題名 アプリケーションアクセラレーション環境における冗長性の削除によるデータ圧縮、概要 Aryakaの専有物 バイトレベルのデータ重複排除 アルゴリズムと呼ばれる 高度な冗長性削除 (ARR™)、独自のアンアンカー圧縮手法を使用して ent を高速化します。erpトラフィックを増加させ、ネットワークのスループットを劇的に向上させます。

  • 伝統的な WAN 最適化ベンダーは、ブロック レベルの重複排除の形式を使用していますが、特定のタイプのアプリケーション トラフィックではあまりうまく機能しません。これは、データ ブロックを照合するには、送信のデータ部分がどこから始まるかを知ることが役立つためです。 特定のプロトコル送信内のデータ部分の位置は異なる場合があります。
  • Aryakaのバイトレベルの重複排除および圧縮テクノロジーは、アプリケーション固有のデータに関係なく、すべての暗号化トラフィックと非暗号化トラフィックをサポートします。mattる。
  • AryakaのARRTM テクノロジーがもたらしたもの スループットとアプリケーションのパフォーマンスが 10 倍以上高速に向上 いくつかの世界的な顧客導入向け。

「当社の知的財産ポートフォリオの最近の拡大は、継続的なイノベーションと明確に差別化されたSoftware-Defined Network Platformの開発に対する当社の取り組みを再確認するものです」と、同社の社長兼最高経営責任者(CEO)のショーン・ファルシ氏は述べた。 Aryaka。 「XNUMX つの新しい特許の背後にある技術により、当社は真にユニークな製品を提供できるようになります。 価値命題 — ネットワークを cloud パフォーマンスを劇的に向上させながら、それをサービスとして提供します。 SaaS とオンプレミスのアプリケーションを同時に実行できます。 これは、これまで独占されていた業界では前例のないことです。 MPLS 昔の技術。」

As cloud コンピューティングはユビキタスな導入に向けて移行しており、グローバル企業は重要なアクセスに機敏で最適化されたネットワークを必要としています。 cloud- 遠く離れた場所にあることが多いホスト型リソース。 Aryakaの特許取得済みのマルチセグメント Software-Defined Network Platform は、 の利点 WAN 最適化 & cloud データ重複排除のための特許取得済みの ARR™ テクノロジーを含む高速化により、強化された機能を実現します。 SaaS そしてオンプレミス アプリケーションのパフォーマンス グローバルプライベートネットワーク経由で。

Aryaka は、革新的なネットワーク設計とアーキテクチャ、オンランプ ルーティング手法、ネットワーク分析など、他の複数の特許を以前に取得しています。

アバウト Aryaka
Aryaka グローバルなエンタープライズのあり方を変革していますerpライズは世界中のサイトとユーザーを接続し、ミッションクリティカルなアプリケーションを使用して現代のビジネス実行の需要をサポートします。 Aryakaのグローバル SD-WAN 専用のプライベートネットワークを組み合わせ、 SD-WAN、最適化および高速化技術、への接続 cloud プラットフォームとネットワークの可視性を、サービスとして提供される単一のソリューションで実現します。

WWW。aryaka.COM。 上で私たちに従ってください Twitter, Facebook, YouTube, LinkedIn.

Aryaka メディア連絡先
シェザド・カルカナワラ
広報マネージャー
Aryaka
408-273-8420
[メール保護]