SD-WAN as-a-Service プロバイダーがその方法について話し合うerpライズは、今日の急速に変化するビジネス ニーズに合わせてネットワーク インフラストラクチャを変革できます。

Aryaka® をリードする WAN as-a-Service 企業である同社は本日、9 月 1 日から 2 日にかけてベルリンで開催される Gartner IT インフラストラクチャおよび運用管理サミットにブース #SXNUMX で出展すると発表しました。

Gartner インフラストラクチャおよびオペレーション サミットは、今日の最も重要な I&O トピック、トレンド、テクノロジーに焦点を当てています。 従来のテクノロジーや運用モデルが時代遅れになるにつれて、新しいテクノロジーや運用モデルが cloud- を活用したテクノロジーが登場し、組織がこれまでよりも早くビジネス目標を達成できるようになります。 ビジネスは、急速に変化する市場と常に変化する顧客の需要に対応するために、常に進化する必要があります。 今日の IT リーダーは、組織が成功に不可欠な文化、プロセス、テクノロジーのトップからボトムへの変革を管理できるように支援する必要があります。

サミット, Aryaka 次世代、ハイブリッド、 SD-WAN テクノロジー。 アシュワト・ナガラジ、 Aryakaの創設者兼 CTO、および彼のネットワーキング専門家チームが以下について話し合います。

  • 次のような従来のソリューションから離れる理由 MPLS そして川底 WAN グローバルへの最適化、 cloudベース WAN このサービスは、ROI を高めるだけでなく、組織の俊敏性も向上します。
  • Software-Defined Networking テクノロジーがデータセンターからデータセンターに移行する必要がある理由 WAN、 何か Aryaka 2009年に遡り始めました
  • 改善方法 アプリケーションのパフォーマンス 以上 WAN あらゆるユーザー、あらゆる場所、あらゆるデバイスに対応
  • なぜエントリーするのかerpライズはハイブリッドを採用すべきだ WAN ネットワークを将来にわたって保証するための戦略
  • 認定条件 Aryakaの迅速導入モデルにより、erpグローバルで最適化されたネットワークに接続するには、数週間または数か月かかるのに対し、XNUMX 日もかかりません。 MPLS

アバウト Aryaka
Aryaka グローバルなエンタープライズのあり方を変革していますerpライズは世界中のサイトとユーザーを接続し、ミッションクリティカルなアプリケーションを使用して現代のビジネス実行の需要をサポートします。 Aryakaのグローバル SD-WAN 専用のプライベートネットワークを組み合わせ、 SD-WAN、最適化および高速化技術、への接続 cloud プラットフォームとネットワークの可視性を、サービスとして提供される単一のソリューションで実現します。

WWW。aryaka.COM。 上で私たちに従ってください Twitter, Facebook, YouTube & LinkedIn.