チャレンジ

1937 年以来、マキノは金属切断と製造の世界的リーダーであり、ヨーロッパ、北米、 Japan、およびアジアの他の地域。 デジタル変革の一環として、同社はビジネス拡大の要件を満たし、分散した研究開発部門と技術センター間のデータ交換を迅速化するためにグローバル ネットワークを構築してきました。

Makino は、マシンの仕様と回路図に関する大量のデータを東京の本社からオハイオ州メイソンの技術センターに同期しています。 ファイルの同期には毎日約 XNUMX ~ XNUMX 時間かかり、パフォーマンスへの悪影響を最小限に抑えるために夜間に実行する必要がありました。

米国従業員の始業時間までにプロセスが完了しないことがあり、業務効率が低下することがありました。 さらに、牧野氏は最近他のいくつかの企業を買収しており、次のようなレガシー ネットワーク ソリューションが存在することを知っていました。 MPLS および WAN 最適化ハードウェアでは、迅速に導入する必要があるサイトの数に追いつくことができなくなります。

Aryakaさん SD-WAN は、当社のすべてのアプリケーションにとってグローバルな高速レーンです。 現在では、あたかもローカル データセンターに存在しているかのように、データとアプリケーションをすべてのエンド ユーザーに提供しています。

マキノ社 IT インフラストラクチャ マネージャー、Glenn Hensley 氏

ソリューション

WAN データとアプリケーションの配信を改善するために、これまでにも最適化ハードウェアが導入されてきましたが、既存のすべてのサイトをアップグレードするには法外なコストがかかります。 牧野氏はインターネットベースの導入も検討した SD-WANただし、これではアジアと米国のサイト間の遅延の問題は解決されません。 また、牧野氏がデータ同期に必要とした安定した接続も提供できなかったでしょう。

代わりに牧野が同行した Aryakaさん SmartConnect SD-WAN すべての要件を満たすサービスとして。 牧野氏は、ソリューションを導入した後、すぐにパフォーマンスとデータ転送時間が大幅に改善されたことに気づきました。 ファイル同期には 22 ~ 2 時間かかっていましたが、現在ではわずか 3 分で完了し、応答性が向上しました。 これにより、ビジネスに新たな可能性が開かれ、業界内で大きな競争上の優位性が得られました。 追加のサイトが必要だったため、セットアップには数週間または数か月かかるのに対し、セットアップには XNUMX ~ XNUMX 日かかりました。 MPLS これにより、Makino はサイトをオンラインにするまで待ち続けることなく、ビジネスを強化できるようになりました。

牧野選手は新たな未来へ踏み出す cloud データとアプリケーションの 90% がそこに含まれる戦略 cloud 来年までに。 以来 Aryaka SmartConnect オンプレミスまたは社内のあらゆるアプリケーションへの高速アクセスを提供します。 cloud、今後の移行に対応するためのインフラストラクチャが整備され、あたかもローカル データセンターに存在するかのようにすべてのエンド ユーザーにデータとアプリケーションを配信できるようになりました。

牧野 結果 Aryaka

データ レプリケーション時間は 6 ~ 7 時間で 22 分に短縮

アプリケーションの改善

最大 99MBps のピーク帯域幅を節約

アプリケーション全体で 97% のデータ削減

導入に数日かかるのではなく、数週間または数か月かかる MPLS