企業情報 Aryaka Networks, Inc。 (「Aryaka")

Aryaka フルマネージドのエンドツーエンドのグローバルなサービスを提供します。 SD-WAN のためのサービス cloud- 最初の時代。 Aryakaのテクノロジーは、複数の機能を統合します。cloud 接続性、アプリケーションの最適化、セキュリティ、ラストマイル管理、および可視性 SLAOPEX (営業経費) のみを重視したソリューション。

これらのサービスの説明と規約は、顧客によるサービスの使用、およびここで指定されている場合には特定のサードパーティ製品に適用されます。 サービスはexpreのみですsslこれらのサービスの説明と規約に記載されています。これらのサービスの説明および規約で使用されているが、以下で定義されていない大文字の用語は、以下の意味を持ちます。 Aryaka Networks, Inc。 マスター サブスクリプション契約 (「契約」)。 Aryaka は、これらのサービスの説明と規約を予告なく随時更新する権利を有します。 Aryaka は、通知の有無にかかわらず、随時サービスをアップグレードしたり、機能を追加したりする権利を留保します。

定義

「アクティベート」(文法的に適切な「アクティベートされた」および「アクティベーション」)は、 Aryaka サービスの接続が完了しており、顧客が実際にサービスを利用しているかどうかに関係なく、顧客はサービスを使用できる状態になっています。

「ANAP」は、 Aryaka Network Access Point (ANAP)、帯域幅の最適化を提供するデバイス、 SD-WAN 機能、監視のための可視性、およびアプリケーションの高速化 WAN に接続されているリンク Aryaka ネットワーク ポイント オブ プレゼンス (AN POP または Aryaka ポップ)。

「バースティング」では、お客様はアクティブ化された帯域幅容量を超える帯域幅を使用できます。

「CPU」とは中央処理装置を意味します。

「CSX」とは、 Cloud サービス拡張機能。 Aryaka レバレッジ ISPのバックボーンまたはファブリックをローカルとリモートの両方で他のリージョンに拡張します。

「顧客」とは、サービスを購入および展開する契約を締結した組織を意味します。

「エントerp「rise LMC サービス」には、専用インターネット アクセス (DIA)、イーサネット仮想専用線 (EVPL または P2P) が含まれます。

「IaaS「サービスとしてのインフラストラクチャ」を意味します。

"インターネットサービスプロバイダ" ("ISP”)は、顧客サイトへのリンクを証明するサードパーティ通信事業者を意味します。

「IT」とは、情報技術ベースのことを意味します。

「L2 プライベート コア」または「プライベート コア」(「L2」プレフィックスなし)は、内部のレイヤー 2 ベースのネットワークを意味します。 Aryakaのグローバル プライベート ネットワーク。

「L3 プライベート コア」とは、内部のレイヤー 3 ベースのネットワークを意味します。 Aryakaのグローバル プライベート ネットワーク。

「ラスト マイル サーキット」(「LMC」)とは、顧客の施設を最も近い場所に接続するために使用される物理リンク(有線または無線)を意味します。 Aryaka ポップ。

「リンク」とは、本サービスを使用して接続される一対のサイトを意味します。

「最適化された容量」とは、リージョンごとのすべてのサイトのサブスクライブされた帯域幅を意味します。

「注文書」とは、本契約に基づく購入に関する注文書(その付録を含む)を意味し、当事者間で随時締結さ​​れます。

「オーバーサブスクリプション」とは、顧客が注文フォームに記載されているサブスクリプション単位を一時的に超える必要があることを意味します。 単位は、帯域幅、サイト、ラスト マイル管理、高可用性などです。 ANAPs.

「POP」とは「存在感のある点」を意味します。

「ROW」とは、本土を除く世界の残りの地域を意味します China.

「SaaS「サービスとしてのソフトウェア」を意味します。

「SD-WAN」とは、ソフトウェア定義の広域ネットワークを意味します。

「サービス」とは、当社が提供するすべてのサービスを意味します。 Aryaka そしてどれも Aryaka ダウンロードされたマテリアル (Java アプレット、ソフトウェアを含むがこれらに限定されない)ANAP、およびブラウザ/ユーザー インターフェイス コンポーネント)、ユーザー ガイド、コード、ユーザー インターフェイス パスワード、付属品およびその他の文書。これらは完全に実行された注文書に基づいてお客様またはその関連会社によって購入されます。これには、関連するオフライン コンポーネントも含まれます(詳細については、「注文フォームまたは本文書に記載されている通り。 サービスに関連して提供または利用可能になるサードパーティ製品には、本契約に記載され、注文フォームに記載されているサードパーティ条件またはその他の追加条件が適用される場合があります。

「SLA」とは、本契約で参照されるサービス レベル契約を意味します。

「SKU」とは在庫管理単位を意味します。

「中小企業 (「SMB」) LMC サービス」には、ブロードバンド、DSL、あらゆるワイヤレス サービス、および「Ent」に明示的に含まれていない将来の LMC リンク テクノロジーが含まれるものとします。erpライズ」サービス。

「戦略的ネットワーク最適化」とは、 Aryaka リンクの戦略的リソース活動を開始しました。 Aryakaは、独自の裁量により、継続的なパフォーマンス、応答性、品質をサポートすることが適切であると判断します。 SLA お客様に提供されます。 必要に応じて、緩和の必要性を最小限に抑えるためにリンクが置き換えられます。 推奨された戦略的ネットワーク最適化イベントを顧客が拒否した場合、残りのリンクは以下に基づくクレジットの資格を失います。 Aryakaさん SLA.

「あなたCPE」とは、Intel x86 ハードウェア上で実行する Linux/KVM システム用に仮想化されたソフトウェア アプライアンスである Universal Customer Premise Equipment を意味します。 「Aryaka 「ネットワーク」とは、 Aryakaの独自のサーバーとソフトウェアの地理的に分散されたネットワーク。

「vANAP」は仮想を意味します ANAP、パブリックのコンピューティング インスタンス上で実行される仮想化ソフトウェア cloud アマゾン ウェブ サービス (「AWS」) などのプロバイダー。

「VPN」は仮想プライベートネットワークを意味します。

の説明 Aryaka サービス

説明 Aryakaのサービスは以下のとおりです。

Aryaka スマートサービス: Aryaka SmartServices ポートフォリオは、 cloud-最初 SD-WAN グローバルに最適化されたレイヤー 2 (「L2」) プライベート コア、レイヤー 3 (「L3」) プライベート コア、 SD-WAN 機能、L3 VPN 接続性、 Cloud 接続性、 WAN 最適化機能 (圧縮、データ重複排除、アプリケーション アクセラレーション プロキシを含む) cloudベースの管理、セキュリティ、可視性を使用した MyAryaka ポータル。

  Aryaka SmartServices ポートフォリオは、次のサービス (「SmartServices」) で構成されます。

  1. Aryaka SmartManage (「スマートマネージ」)
  2. Aryaka SmartConnect (“SmartConnect")
  3. Aryaka SmartOptimize (「スマートオプティマイズ」)
  4. Aryaka SmartCloud ("頭いいCloud")
  5. Aryaka SmartSecure (「スマートセキュア」)
  6. Aryaka SmartInsights (「スマートインサイト」)

Aryaka SmartServices ポートフォリオは、次の XNUMX つの価格モデルで利用できます。

  • 標準価格モデル、グローバル展開シナリオのみのすべての SmartService および関連するサブスクリプション価格プランを含みます。
  • 耳鼻咽喉科erpライズフレックス価格モデル 以下で説明するように、グローバル展開シナリオに加えて、地域展開シナリオ、エラスティック サブスクリプション、および帯域幅プーリング オプションも含まれています。

グローバル展開は ent に使用されますerp複数のリージョンで運用され、トラフィックが通過します。 Aryaka 世界的に核となる。 地域展開は ent に使用されますerp以下で定義されるように、主に単一の地域で活動するライズ Aryaka、トラフィックが通過する場所 Aryaka コアはリージョン内に留まります。

  1. Aryaka SmartManage サービス

    スマートマネージ 企業での導入向けに SmartServices プラットフォームを強化するために必要な基本機能を提供しますerpブランチオフィス、店舗、サービスセンター、データセンターなどの上昇サイト。

    1. SmartManage-SiteLicense ent に接続するために必要な基本的な SmartManage サービスを意味しますerp上昇サイト。 SmartManage-SiteLicense にはさまざまなレベルがあります (Bring Your Own – (「BYO」)、Small (「S」)、Medium (「M」)、Large (「L」)、および X-Large (「XL」))。 SmartManage-SiteLicense サービスには、アクティブ化、オーケストレーション、常時監視、および 24 時間 7 日のサポートが含まれます。 Aryakaのグローバル ネットワーク オペレーション センター (NOC)。 オプションで、 ANAP ハードウェアとその配送料が含まれています。 Aryakaさん ANAP をホストするハードウェア アプライアンスです。 Aryakaのオペレーティング システムであり、一部のハードウェア モデルは認定された仮想マシン (「VM」) をホストできます。 の ANAP 含まれており、の一部です Aryaka スマートサービス。 オプションの容量と仕様 ANAP SmartManage-SiteLicense に含まれるハードウェアは層ごとに異なり、変更される場合があります。 の ANAP Small Tier では 1500 または同等のものが提供されます。 の ANAP 2600 またはミディアム ティアと同等。 の ANAP Large Tier では 3000 または同等。 グローバルおよびリージョンの料金プランは、上記の SmartManage-SiteLicense レベルのそれぞれで利用できます。 S、M、L、XL などの SmartManage サイト ライセンスも適用できます。CPE ここで、ハードウェア (x86 プラットフォーム)、OS (Linux)、およびハイパーバイザー (KVM) はお客様によって提供され、 Aryaka 仮想化を提供します ANAP ソフトウェアを使用して、WindowsXNUMX XNUMXビット上で動作する XNUMXTB RAID XNUMX を備えたデスクトップ コンピューターで録画されます。
    2. バーチャル ANAP パブリックで実行される cloud プロバイダーには、SmartManage S、M、L、および XL SKU があります。 これらには、CPU コアの数、メモリ、ストレージの実行に必要な特定のハードウェア リソース要件が伴います。 Aryaka- 仮想化ソフトウェアを提供します。
    3. SmartManage-ElasticSubscription-Multiplier c. オンデマンドの増分消費 (エラスティック サブスクリプションとも呼ばれます) を許可することを意味します。 Aryaka すでに購入済みの SmartService (増分帯域幅、追加のサイト、またはその他の SmartService を含みますが、これらに限定されません)。 Elastic サブスクリプションに関連する料金は毎月後払いで請求されますが、いつでも Elastic サブスクリプションをキャンセルすることができます。

SmartManage サービスの利用規約::

  • Aryaka と一致する権利を留保します ANAP お客様のサブスクリプションと必要な機能を備えたデバイス タイプ。
  • アヤカは、最適なサービス配信の提供に基づいて、サイトをネットワークに接続するための POP を決定する権利を留保します。
  • SmartManage は、標準価格モデルまたは Ent を通じて購入できます。erpフレックス価格モデルの上昇。
  1. Aryaka SmartConnect サービス

    SmartConnect グローバル/リージョナル サービスは、ファースト マイル、ミドル マイル、ラスト マイルを含む接続サービスをエンタープライズに提供します。erpブランチオフィス、店舗、サービスセンター、データセンターなどの上昇サイト。 SmartConnect グローバル/地域サービスの活用 Aryakaのグローバル L2 プライベート コアを接続するerpマネージド機能を使用してサイトを高パフォーマンスで稼働させる SLA. SmartConnect グローバル/リージョナル サービスには、直接接続するオプションが付属しています。erpSite-2-Site インターネットを使用して、インターネット上でサイトを安全に起動するVPN および MPLS、サービス管理を含む。 全て SmartConnect グローバル/リージョン サービスには、上で定義したように、SmartManage-SiteLicense が必要です。

  Aryaka SmartConnect グローバル/リージョナル サービスは次の機能で構成されます。

  • インターネットVPN
  • MPLS
  • L2 プライベート コア加入帯域幅 (「SBW」)
  • リージョン間の乗数
  • 爆発
  • 高可用性 (「HA」)
  • ラストマイル管理
  • ラストマイルサービス
  1. SmartConnect-インターネットVPN 2 つのサイトがサイト-XNUMX-サイトを使用してインターネット上で安全に通信できることを意味します VPN および Aryaka HybridWAN 技術。
  2. SmartConnect-MPLS カスタマーエッジとのサイトツーピアの機能を意味します MPLS ルータ。
  3. SmartConnect-L2PrivateCore-SBW は ent の能力を意味しますerpサイトを立ち上げて接続する Aryakaのミドルマイル L2 プライベート コア。 購読の価格 Aryakaさん SmartConnect-L2PrivateCore-SBW は、次のように定義されているように、リージョンごとに異なります。 Aryaka 以下の表 1 に記載されています。 エントerpライズ サイトは、いずれかのリージョンへの最近接に基づいて、XNUMX つの特定のリージョン (以下に定義) に割り当てられます。 Aryaka POPs.

テーブル1: Aryaka SmartConnect-L2PrivateCore-SBW 領域は次のように定義されます。

Aryaka 地域 世界のさまざまな地域
UCM アメリカ合衆国、 Canada、メキシコ
EUR ヨーロッパ(ロシアを除く)
IND India
APJK アジア(除く) India、本土 China)
MLCHN 本土 China
SAF 南アフリカ
SAM 南アメリカ
のISR Israel
DUB ドバイ
オーストラリアニュージーランド Australia とニュージーランド

顧客は帯域幅をサブスクライブできます。 Aryaka サイトごと、リージョンごとのミドルマイル L2 プライベート コア。 加入帯域幅は SBW と略されます。 Aryaka 「グローバル」および「リージョナル」料金プランを提供します。 SmartConnect-L2PrivateCore-SBW。 グローバル帯域幅サブスクリプションを使用すると、サイトはそれぞれのサイトから接続できます。 Aryaka リージョンから他のリージョンへ。 地域の帯域幅サブスクリプションにより、サイトはそれぞれの範囲内で接続できます。 Aryaka 地域のみ。 ほとんどの場合、グローバルおよび地域の価格帯が利用可能です Aryaka 地域。

  1. SmartConnect-InterRegion-乗数 地域サイトが、そのサイトが存在するリージョン以外のリージョンのサイトと通信できるようにします。 リージョン サイトとの間で同じリージョンにないサイトに送受信されるトラフィックは、リージョン間トラフィックです。 すべてのリージョン間トラフィックは、販売注文フォームのリージョン間乗数に基づいて測定され、月末に請求されます。 InterRegion-Multiplier を有効にしないと、地域サイトはその地域外にあるサイトとの間でトラフィックを送受信することができません。
  2. SmartConnect-高可用性 (HA) ent に追加レベルの冗長性を提供しますerpSmartService を使用するサイトが増加します。
    • SmartConnect-ANAP-HA 冗長性は次の時点で有効になります。 ANAP サイトのデバイスレベル。 アクティブにすべき ANAP で説明されているように失敗します SLA、冗長な ANAP は自動的にアクティブになり、指定されたアドレスへのトラフィックのルーティングを開始します。 Aryaka ポップ。 冗長な ANAP が本サービスに含まれております。 SmartConnect- ANAP-HA は、小、中、大のさまざまなレベルで利用できます。
    • SmartConnect-ポプハ POP 障害が発生した場合に冗長性が有効になり、トラフィックがバックアップにルーティングされます Aryaka ポップ。 SmartConnect-POP-HAには冗長性が含まれています ANAP 別のルートへの再ルーティングを有効にする Aryaka POP 障害の場合は POP。 SmartConnect-ANAP-HA は、小、中、大のさまざまなレベルで利用できます。
  3. バースト乗数 顧客は購入した金額を超えることができます SmartConnect-L2PrivateCore-SBW は、サイトあたり SBW の最大 50%、サイトあたりの上限は 100 Mbps です。 SBW を超えるすべてのバースト使用量は、有効な注文フォームの乗数に基づいて月末に計算され、請求されます。 バースト使用量の計算は、消費された帯域幅の 99 パーセンタイルに基づいて行われます。 お客様は、使用した追加帯域幅に対して、注文フォームに記載されている追加使用料を支払うことになります。
  4. SmartConnect-ラストマイルマネジメント お客様が調達した、エンタープライズに接続するラストマイル リンクの 24 時間 7 日のプロアクティブなリンク監視と管理をお客様に提供します。erpサイトを上昇させます Aryaka 提供サービス
    • Aryakaのサポート チームは、お客様のサポート チームと積極的に連携します。 ISP、委任状 (LOA) を利用して、お客様に代わって問題を提起し、解決します。 ラスト マイル管理はリンクごとのサービスであり、 Aryakaさん ANAP 技術。
    • At Aryakaのオプション、 SmartConnect-LastMileManagement リンクは次のように変換される場合があります。 SmartConnect- お客様のベンダーの有効期限日またはその前後の LastMileService。
  5. SmartConnect-LastMileService お客様は、強化されたラストマイル接続サービスを次のサイトから購入できます。 Aryakaこれには、典型的な「」と比較して強化された機能が含まれています。ISP" サービス。
    • SmartConnect-LastMileService には常に付属します SmartConnect-LastMileManagement を提供します Aryaka 各リンクの可視性が向上し、 ANAP.
    • SmartConnect-LastMileService は、パフォーマンス監視を「戦略的ネットワーク最適化」に拡張する拡張された LastMileService です。
    • 顧客は、顧客ポータルへのアクセスと各リンクへの顧客の可視性を含む「スマート インサイト」をリクエストすることもできます。
    • SmartConnect-LastMileService は常に、他のすべての SmartService とは別に、個別に処理され署名された販売注文フォームで販売されます。

の利用規約 SmartConnect グローバル/地域窓口erpライズサービス:

  • お客様による最適化容量の購入はリージョンごとに行われ、上記の表 1 で定義されている特定のリージョン内のサイト間でのみ割り当てることができます。 サイトの移動 (ラスト マイル サービスを除く)、帯域幅の再割り当て、およびアドオンの再配置は、特定の月にサイトごとに 1 回までに制限されます。
  • Elastic-Multiplier が注文フォームに含まれていない場合、顧客は、注文フォームに記載されている購入した総帯域幅、サイト ライセンスの数、および/またはサービス制限 (「増加」) を超えてはなりません。 かかる増額が発生した場合は、顧客に書面で通知され、両当事者は修正された注文書を作成するものとします。
  • 導入日に基づく請求スケジュールは、注文フォームに記載されるものとします。
  • SmartConnect Global は、標準価格モデルまたは Ent を通じて購入できます。erpフレックス価格モデルの上昇。

SmartConnect リージョナルは ENT から購入できますerpライズフレックス価格モデルのみ。

  1. Aryaka SmartCloud サービス

    スマートCloud 複数のcloud ネットワーキングはサービスとして提供されます。 頭いいCloud レバレッジ Aryakaのグローバル L2 プライベート コアを接続するerpサイトを上昇させる SaaS および IaaS.

  1. スマートCloud-Azure-VWAN このサービスにより、お客様は Azure V に接続できるようになります。WAN からのハブ Aryakaのエンドポイント (ANAP)インターネット経由で。 Aryaka Azure V への接続を管理しますWAN ハブ。 頭いいCloud-アズール- VWAN SmartManage-SiteLicense が必要です。
  2. スマートCloud-SaaS-APP-ライセンス に接続するために必要なサイト ライセンスです。 SaaS アプリケーションへ Aryakaのグローバル L2 プライベート コア。
  3. スマートCloud-IaaS-ライセンス に接続するために必要なサイト ライセンスです。 IaaS サイト (つまり、AWS、Azure) から Aryakaのグローバル L2 プライベート コア。
  4. スマートCloud-L2PrivateCore-SBW の能力を提供します IaaS および SaaS 接続するサイト Aryakaのミドルマイル L2 プライベート コア。 頭いいCloud-L2PrivateCore-SBW には常に少なくとも XNUMX つ以上の Smart が必要ですCloud-SaaS-アプリライセンスおよび/またはスマートCloud-IaaS-ライセンス。 購読の価格 Aryakaこれらのサービスのコアは、以下で定義されているように、リージョンごとに異なります。 Aryaka。 ホストされている場所 IaaS および SaaS 以下の表 2 で定義されているように、XNUMX つの特定のリージョンに割り当てられます。
  5. スマートCloud-CSX-リモート接続 ときに使用されます Aryaka POP プロバイダーのファブリックを利用して、メトロ リモートの場所にあるサービス プロバイダー (またはプロバイダーのファブリックにも接続されている顧客データ センター) に接続します。

テーブル2: AryakaのスマートCloud リージョンは以下のように定義されます。

Aryaka 地域 同梱 POPs
本土 China 北京、上海
世界のその他の地域 本土を除く他のすべての地域 China

スマートの利用規約Cloud:

  • サブスクリプションの価格 AryakaこれらのスマートのコアCloud サービスは、次のように定義されているように、地域ごとに異なります。 Aryaka.
  • ホストされている場所 IaaS および SaaS XNUMX つの特定の地域に割り当てられます。
  • スマートCloud-CSX-RemoteConnection の料金は、接続の両端間の帯域幅と距離に基づきます。 CSX 接続は、異なる大都市圏に接続する場合、リモートとみなされます。
  1. Aryaka SmartSecure サービス

    スマートセキュア で提供されるすべてのセキュリティ機能が含まれています Aryaka プラットフォーム上のネイティブ セキュリティ機能を含む ANAP 選択されたサードパーティのファイアウォール サービスに関する特定の管理機能。

    1. SmartSecure-EdgeEssentials サービスには、上で提供されるネイティブ セキュリティ機能が含まれています。 ANAP、ステートフル ファイアウォール (L3/L4)、ゾーン、マイクロセグメンテーションを含みます。 ステートフル ファイアウォールは、南北アクセス保護を提供します。 ゾーンはサイトを分割して、東西の支店トラフィックを保護します。 マイクロセグメンテーションにより、異なるネットワーク セグメント間でエンドツーエンドのネットワーク分離が強制されます。 SmartSecure-EdgeEssentials は、小規模、中規模、大規模のさまざまなレベルで利用できます。

      SmartSecure-EdgeEssentials の利用規約:

      SmartSecure-EdgeEssentials の階層化 (小、中、大) は、 SmartConnect グローバル/リージョン サイトのライセンス サイズ。

    2. スマートセキュア-Cloudセキュリティ-ANAP-コネクタ このサービスにより、顧客はサードパーティを選択して接続できるようになります Cloud お客様がサードパーティからライセンスを取得したセキュア インターネット ゲートウェイ ソリューション (サードパーティによって、またはサードパーティを介して提供されたものではありません) Aryaka) (のような Zscaler、パロアルト プリズマ、 Check Point Cloudガードコネクト、 Symantec)から ANAP インターネット経由。 Aryaka それぞれへの接続を監視および管理します。 Cloud セキュリティプロバイダー。

      SmartSecure の利用規約 -Cloudセキュリティ-ANAP-コネクタ:

      Secure Internet Gateway ライセンスの購入は、サービスの一部として含まれていません。

    3. SmartSecure-Hosted-VM-ファイアウォール-サービス お客様がサードパーティプロバイダーからライセンスを取得した、選択されたサードパーティ仮想ファイアウォールをホストする機能を提供します(サードパーティプロバイダーによるものではなく、またはサードパーティプロバイダーを介したものではありません)。 Aryaka) (「顧客所有のファイアウォール」) ANAP。 ホスティング機能に加えて、 Aryaka は、このサービスの一部として、ファイアウォール仮想マシンの初期アクティブ化、開始、停止、削除から構成される VM ライフサイクル管理を提供します。 ファイアウォールのセキュリティ ポリシーと構成管理、脅威イベントの監視、およびサードパーティ ファイアウォール ライセンスの取得は、SmartSecure Hosted-VM-Firewall-Service の範囲外であり、お客様の単独の責任となります。 SmartSecure-Hosted-VM-Firewall-Service は、コンパクトとスタンダードのさまざまなレベルで利用できます。

      SmartSecure-Hosted-VM-Firewall-Service の利用規約:

      1. SmartSecure Hosted VM Firewall Service のホスティング機能と SmartSecure Hosted VM Firewall Service のアクティベーションは、によって承認および認定されたサードパーティの次世代ファイアウォール ベンダー ソリューションおよびフォーム ファクターに限定されます。 Aryaka (「承認されたホスト型ファイアウォール」)。
        現在、承認されているホスト型ファイアウォールは次のとおりです。

        • 承認済みのホスト型ファイアウォール – コンパクト: Palo Alto Networks VM-50と Check Point CloudGuard Edge/Quantum Edge (2 vCPU フォーム ファクター)。
        • 承認済みのホスト型ファイアウォール – 標準: Palo Alto Networks VM-100と Check Point CloudGuard Edge/Quantum Edge (4 vCPU フォーム ファクター)。
      2. SmartSecure-Hosted VM ファイアウォール サービスを受けるには、お客様はまず、お客様所有のファイアウォールに関して、許可するのに十分な適切なライセンス権利を取得する必要があります。 Aryaka 顧客所有のファイアウォールをホストし、SmartSecure-Hosted VM ファイアウォール サービスのアクティブ化に関連して必要に応じて顧客所有のファイアウォールにアクセスするため (たとえば、トラフィック フローが許容され、インターフェイス設定が正しいことを確認するためのセットアップ中)そして証拠を提出してください Aryaka かかるライセンス権の。 お客様は、その後、SmartSecure-Hosted VM ファイアウォール サービスを受けている間、有効なライセンス権利を常に維持する必要があります。 お客様は以下のことを表明し、保証します。 Aryaka お客様はかかるライセンス権を取得し維持すること、およびお客様は(本契約における損害の除外または責任の除外または制限を適用せずに)補償し、免責することに同意するものとします。 Aryakaのリクエストを擁護し、 Aryaka およびその関連会社、後継者および譲受人(およびその役員、取締役および従業員)に対する、あらゆる請求、損失、責任、損害、和解、費用および経費(弁護士費用および訴訟費用を含みますがこれらに限定されません)これは、顧客がかかるライセンス権利を取得および維持しなかったことに起因して生じる、またはそれに関連するものです。 お客様はここに以下のことを許可します。 Aryaka およびその関連会社は、顧客所有のファイアウォールをホストし、それに関連して顧客所有のファイアウォールにアクセスする権利およびライセンスを有します。 Aryakaは、顧客に対して SmartSecure-Hosted VM ファイアウォール サービスをアクティブ化します。
      3. お客様は、お客様所有のファイアウォールがファイアウォールではないことを認め、これに同意するものとします。 ARYAKA サービスまたは製品およびそれ ARYAKA およびその関連会社は、顧客所有のファイアウォールに起因または関連する損害または責任を否認し、責任を負いません。
    4. SmartSecure マネージド ファイアウォール サービス は、以下に説明する運用管理で構成されます。 Aryaka お客様がサードパーティプロバイダーからライセンスを取得した、一部のサードパーティ製ファイアウォール (第三者によるものではなく) Aryaka) (「顧客所有のファイアウォール」) でホストされています。 ANAP または物理ファイアウォール アプライアンス。 このサービスでは、顧客所有のファイアウォールに関する次の機能が侵害されています。

      (i) 構成および変更管理、

      (ii) お客様が決定および承認したファイアウォールおよびネットワーク アクセス ポリシー ルール、

      (iii) ソフトウェアのパッチ適用、

      (iv) 24 時間 7 日のサポート、および

      (v) ファイアウォール デバイスの健全性の監視。

      このサービスには、(x) セキュリティ ポリシーの設計、策定、ファイアウォール構成移行サービス、マネージド セキュリティ オペレーション センター (「SOC」) サービス、および (y) 顧客所有のファイアウォールの調達は含まれません。それぞれの責任は顧客が単独で負います。

      SmartSecure マネージド ファイアウォール サービスの利用規約:

      1. SmartSecure マネージド ファイアウォール サービスのアクティブ化は、サードパーティの次世代ファイアウォール ベンダー ソリューションと、によって承認および認定されたフォーム ファクターに限定されます。 Aryaka (「承認された管理対象ファイアウォール」)。 承認されたマネージド ファイアウォールは次のとおりです。

      Palo Alto Networks

      • コンパクト ファイアウォール: Palo Alto 200 シリーズ、500 シリーズ、VM-50
      • 標準ファイアウォール: Palo Alto 800 シリーズ、VM-100
      • フルサイズ ファイアウォール: Palo Alto 3000 シリーズ

      Check Point

      • コンパクトファイアウォール: CloudGuard Edge/Quantum Edge 2 vCPU
      • 標準ファイアウォール: CloudGuard Edge/Quantum Edge 4 vCPU、SMB/Quantum Spark 1530、1550
      • フルサイズ ファイアウォール: SMB/Quantum Spark 1570、1590、1600、1800
        1. フルサイズ マネージド ファイアウォールは、物理ファイアウォール アプライアンスのみに制限されます。
        2. セキュリティ ポリシーの設計と策定、および管理対象 SOC (セキュリティ オペレーション センター) は、SmartSecure マネージド ファイアウォール サービスの範囲には含まれず、これらの機能についてはお客様が単独で責任を負います。
        3. セキュリティ体制はお客様のみが決定します。 Aryaka は、顧客による指示と承認の下でのみ、顧客のセキュリティ ポリシーの実装者として機能します。そのセキュリティ ポリシーについては、顧客が単独で責任を負います。
        4. Day 0 ファイアウォール ポリシーの策定やサードパーティ ファイアウォールからの構成の移行は、SmartSecure マネージド ファイアウォール サービスの範囲には含まれません。
        5. SmartSecure マネージド ファイアウォール サービスを受けるには、お客様はまず、お客様所有のファイアウォールに関して、許可するのに十分な適切なライセンス権利を取得する必要があります。 Aryaka お客様に代わってお客様所有のファイアウォールに関して SmartSecure マネージド ファイアウォール サービスにアクセスし、管理し、その他の方法でサービスを実行し、その証拠を提出するため Aryaka かかるライセンス権の。 お客様は、その後、SmartSecure-Managed-Firewall サービスを受けている間、有効なライセンス権利を常に維持する必要があります。 お客様は以下のことを表明および保証します。 Aryaka お客様はかかるライセンス権を取得し維持すること、およびお客様は(本契約における損害の除外または責任の除外または制限を適用せずに)補償し、免責することに同意するものとします。 Aryakaのリクエストを擁護し、 Aryaka およびその関連会社、後継者および譲受人(およびその役員、取締役および従業員)に対する、あらゆる請求、損失、責任、損害、和解、費用および経費(弁護士費用および訴訟費用を含みますがこれらに限定されません)これは、顧客がかかるライセンス権利を取得および維持しなかったことに起因して生じる、またはそれに関連するものです。 お客様はここに以下のことを許可します。 Aryaka およびその関連会社は、SmartSecure マネージド ファイアウォール サービスのアクティブ化に関連して、顧客に代わって顧客所有のファイアウォールに関して SmartSecure マネージド ファイアウォール サービスにアクセスし、管理し、その他の方法でサービスを実行する権利およびライセンスを付与します。
        6. お客様は、お客様所有のファイアウォールがファイアウォールではないことを認め、これに同意するものとします。 ARYAKA サービスまたは製品およびそれ ARYAKA およびその関連会社は、顧客所有のファイアウォールに起因または関連する損害または責任を否認し、責任を負いません。
    5. スマートセキュア-Check Point-マネージドファイアウォールサービス SmartSecure-Managed-Firewall サービス (上記セクション 4.d.) に提供されるのと同じ範囲のサービスで構成され、さらに、SmartSecure-Managed-Firewall サービス (上記のセクション XNUMX.d.) に提供されるファイアウォール製品の顧客へのサブスクリプション ライセンスが含まれます。 Check Point ソフトウェアテクノロジーズ株式会社(「Check Point”)および該当する注文書に記載されています(”Check Point 製品")。

      SmartSecure の利用規約 -Check Point マネージド ファイアウォール サービス:

      Check Point 製品は次の方法でアクティベートされます。 Aryaka SmartSecure との関連でのみ使用します。Check Point マネージド ファイアウォール サービスは、次のライセンスを取得しています。 Check Point に基づいてお客様に Check Point エンドユーザー使用許諾契約は次の場所にあります。 https://www.checkpoint.com/support-services/software-license- agreement-limited-hardware-warranty/ and https://www.checkpoint.com/about-us/cloud-terms/ (随時更新される可能性があります)、提供者: Check Point またはそれに付随するもの Check Point 製品 ("Check Point EULA」)。 注文することで、 Check Point 注文に応じた製品について、お客様はその使用を承認するものとします。 Check Point 製品は以下の対象となります。 Check Point EULA。 顧客がさらに許可する Aryaka、顧客の代理人として行動し、 Check Point のインストールプロセスの一環として、お客様に代わって EULA を作成します。 Check Point 製品。 お客様のライセンスと使用 Check Point 製品と Check Pointが収集または生成した個人情報の使用。 Check Point ウェブサイト (www.checkpoint.com) および Check Point 製品には以下の条件が適用されます Check Pointのプライバシー ポリシーは次の場所にあります。 https://www.checkpoint.com/privacy/ (随時更新される可能性があります)。 お客様は、以下に従って個人情報を利用することに同意するものとします。 Check Point 個人情報保護方針

      お客様はさらに以下のことを認識し、同意するものとします。

      1. に含まれるソフトウェアはすべて、 Check Point 製品のライセンスはオブジェクト コード形式でのみ付与されます。 お客様は以下に同意します: (a) リバース エンジニアリング、逆コンパイル、または逆アセンブルを行わないこと Check Point 製品; (b) いかなる身分証明書や所有権通知も削除しないこと Check Point 製品; (c) バックアップコピーを除き、コピーしないこと Check Point 製品またはその派生作品を開発する。 (d) に基づく他の製品を開発しないこと Check Pointに含まれる の知的財産 Check Point 製品; (e) 権限のない者が使用できるようにする方法を開発しないこと Check Point 製品。
      2. Check Point、およびそのライセンサーは、すべての権利を所有し、保持するものとします(明示的なものを除く)。ssly であり、明確にライセンスされています。 Check Point EULA)、に対する所有権と利益、および Check Point 製品 (それに組み込まれているすべてのハードウェアおよびソフトウェアを含む)、およびそれに含まれるすべての知的財産権を含むがこれに限定されない付属文書。
      3. による製品保証を除きます。 CHECK POINT に従ってお客様に直接お届けします CHECK POINT EULA、 CHECK POINT 当社は、いかなる製品、ライセンス、またはサービスに関していかなる保証も行わず、商品性、特定目的への適合性、または非侵害の保証を含むがこれらに限定されない、法定または黙示のすべての保証を否認します。 CHECK POINT は、次のことを保証しません。 CHECK POINT 製品があらゆる要件を満たしているか、またはその動作が CHECK POINT 製品は中断されず、エラーも発生しません。 ARYAKA については、明示的か黙示的かを問わず、いかなる保証も行いません。 CHECK POINT 製品とエクスプレスSSLY は、上記を含むすべての法定または黙示の保証を否認します。
      4. 特急の範囲を除くSSLY に定める CHECK POINT EULA、 CHECK POINT に関連する責任は一切負いません。 CHECK POINT 製品。 CHECK POINT 製品はではありません ARYAKA サービスまたは製品、および ARYAKA およびその関連会社は、それに起因または関連する損害または責任を否認し、責任を負いません。 CHECK POINT 製品。
      5. SmartSecure に加入することで、 Check Point マネージド ファイアウォール サービス、お客様は「キャンセル不可」に同意しています Check Point 該当するサブスクリプション Check Point 製品は注文フォームに指定された期間有効です。
      6. セキュリティ体制はお客様のみが決定します。 Aryaka は、お客様の指示と承認の下でのみ、お客様のセキュリティ ポリシーの実装者として機能します。 お客様はセキュリティ ポリシーに対して単独で責任を負います。
      7. Check Point SmartSecure に関連して利用可能な製品 Check Point マネージド ファイアウォールは、ユーザーの選択に基づいて、(1) NGTP – 次世代脅威防御、または (2) NGTX – 次世代脅威防御およびサンドボックス サブスクリプション カテゴリに属し、そのような製品は次のように説明されます。 Check Point 製品データシートに記載されています。
      8. お客様は、へのアクセス権を持ちます。 Check Point SmartSecure に関連してアクティベートされた製品 Check Point マネージド ファイアウォール サービスは、 Aryaka マネージド ファイアウォール サービス Check Point アクティブです。 お客様のサブスクリプションとライセンス Check Point SmartSecure の廃止後は製品は無効になります。Check Point-マネージドファイアウォール- からのサービス Aryaka.
    6. SmartSecure-マネージド-CloudGuard Connect サービス (cloud サービス) SmartSecure に提供されるのと同様のサービス範囲で構成されます。Check Point-マネージド ファイアウォール サービス (上記のセクション 4.c.)、ただし、このサービスは cloud ソリューションは、 CloudGuard Connect 製品 (CGC) が提供する Check Point ソフトウェアテクノロジーズ株式会社(「Check Point」)、該当する注文書に記載されています。 このサービスには、お客様に対する CheckPoint のサブスクリプション ライセンス (NGTP/NGTX) が含まれています Cloudガードコネクト。
    7. SmartSecure-Managed- の利用規約Cloudガード接続サービス:

      • SmartSecure - CheckPoint マネージド -CloudGuard-Connect-Service には、「Guard-Connect-Service」のセクションと同じ利用規約および利用規約が適用されます。 スマートセキュア-Check Point-マネージドファイアウォールサービス。
      • SmartSecure - CheckPoint マネージド -CloudGuard-Connect-Service は、「ユーザーごと」のライセンスに基づいてライセンスが付与されます。 ユーザーは、毎月プライベート アクセス サービスに接続する顧客の認証サーバーまたは ID プロバイダー (Microsoft Active Directory、LDAP サーバーなど) で取得される一意の ID/ユーザー ID によって識別されます。
      • SmartSecure - CheckPoint マネージド -CloudGuard-Connect-Service は、に接続するユーザーのみをカバーします。 Cloud(a) を使用してガード接続します ANAP スマート コネクト サイトで、および (b) 経由でアクセスするリモート ユーザー Aryaka プライベート アクセス クライアント。
      • SmartSecure がアクティブ化されると、Check Point-管理- CloudGuard-Connect-Service では、お客様が注文フォームで購入したすべてのユーザー ライセンスは、サービスのアクティブ化日またはサービス開始日のいずれか早い方から請求されます。
      • 月末に、SmartSecure に接続しているユニーク ユーザーの数がCheck Point-管理-CloudGuard-Connect-Service がコミットされたユーザー数を超えた場合、追加の使用量は後払いで請求されます。 超過ユーザーには、注文フォームで合意されたバースト乗数に基づいて請求されます。
      • SmartSecure プライベート アクセス クライアントを使用して SmartSecure に接続する各リモート ユーザーCheck Point-管理-CloudGuard-Connect は、かかるサービスに接続するエンドポイント デバイスを 3 つまでとするものとします。
      • スマートセキュア-Check Point-管理-CloudGuard-Connect-Service は MainLand では利用できません China.
    8. SmartSecure-マネージド-Cloudファイアウォール - CheckPoint - Harmony - インターネット アクセス - サービス に提供されるのと同様のサービス範囲で構成されます。 SmartSecure-マネージド-Cloudガードコネクトサービス (前述)、Harmony Connect Internet Access オファリングで提供されます。 Check Point、これはブランド名を変更したものです。 Check Point CloudGuard Connect を接続し、該当する注文フォームに記載します。 このサービスには、お客様へのサブスクリプション ライセンス (インターネット アクセス) が含まれています。 Check Point ハーモニーコネクトの提供。 上記と同じ利用規約が適用されます。
    9. スマートセキュア - 高可用性 Ent に追加レベルの冗長性を提供しますerpホスト型ファイアウォール サービスと、オプションでマネージド型ファイアウォール サービスを備えたサイト。 SmartSecure-HighAvailability には、あらゆる場合に必要なものがあります。 SmartConnect-ANAP-HA および/または SmartConnect-ポップハ。
      • SmartSecure-HostedVM-FW-HA: 冗長ファイアウォールを冗長構成上でホストすることにより、仮想マシン (「VM」) レベルでファイアウォールの冗長性を有効にする機能を提供します。 ANAP。 アクティブなホスト型ファイアウォールに障害が発生した場合、冗長ファイアウォール上の冗長ファイアウォールが ANAP は自動的にアクティブなファイアウォールになります。 SmartSecure-HostedVM-FW は、コンパクトとスタンダードのさまざまなレベルで利用できます。
      • SmartSecure-FirewallManage-HA: 冗長ファイアウォール (ホスト上でホストされる) に SmartSecure FirewallManage を提供します。 ANAP またはファイアウォール アプライアンス)。 SmartSecure-FirewallManage は、コンパクト、スタンダード、フルサイズのさまざまなレベルで利用できます。
      • スマートセキュア-Check Point-Managed-Firewall-Services-HA: このサービスは SmartSecure-FirewallManage-HA と同じですが、 Check Point 製品には、以下に関して上記に規定されているのと同じ利用規約が適用されます。 Check Point マネージド ファイアウォール サービス。

      マネージド ファイアウォール サービスおよび SmartSecure-HighAvailability オファリングの使用条件 Check Point マネージド ファイアウォール サービス:

      • コンパクト、スタンダード、フルサイズ ファイアウォールの定義は、SmartSecure Hosted VM ファイアウォール サービスおよびマネージド ファイアウォール サービスの定義に基づいています。
      • スマートセキュア - 高可用性 これらの製品は、上記で定義された SmartSecure サービスに追加されるオプションのアドオンであり、上記の各セクションの利用規約および利用規約が適用されます。
      • スマートセキュア-Check Point-マネージド ファイアウォール サービス-HA には、セクションにあるものと同じ利用規約および利用規約が適用されます。 スマートセキュア-Check Point-マネージドファイアウォールサービス。
      • SmartSecure-HighAvailability には次の要件が必要です SmartConnect-ANAP-HAサービス。
    10. スマートセキュア-VPN 加速する 仮想プライベート ネットワークへの高速接続を提供します (「VPN”)全世界のリモート ユーザーとモバイル ユーザー向け Aryakaのプライベートコア。
      • スマートセキュア-VPN 加速する VPN-ライセンス 特定のネットワークにプライベートに接続します VPN お客様がサードパーティプロバイダーから(第三者によって、またはサードパーティプロバイダーを介してではなく)調達したコンセントレーター Aryaka) 顧客サイトで Aryakaのグローバル L2 プライベート コア (オリジン POP)。 当たり VPN コンセントレータ ライセンス、最大 8 つのエントリ ポイント (エッジ POP) は、 Aryaka L2プライベートコア。
      • スマートセキュア-VPN 世界中でSBWを加速する リモート ユーザーやモバイル ユーザーを顧客のネットワークに接続するための単一の世界規模の帯域幅プールを提供します。 VPN コンセントレータを使用する Aryakaの中間 L2 プライベート コア..

      SmartSecure の利用規約 -VPN 加速する:

      本土の場合、法的遵守の目的のため China SmartSecure のユーザー -VPN 加速して、 Aryaka お客様は、企業内部トラフィックのみを SmartSecure 経由でトンネリングする必要があります。VPN SmartSecure を使用せずに高速化します。VPN インターネット トラフィックを高速化してトンネルします。 VPN 本土外にある集信装置 China.

    11. スマートセキュアプライベートアクセス 管理されています VPN からのサービスとしての提供 Aryaka お客様に提供するもの VPN リモート ユーザーが顧客のプライベート ネットワークにアクセスできるようにするためのゲートウェイ インフラストラクチャ Aryaka L2プライベートコア。 SmartSecure Private Access は、マネージド サービスとして提供されます。 Aryaka コラボレー Aryaka サービスに加入している顧客には以下が提供されます。
      • グローバルに分散され冗長化されたアクセス VPN にデプロイされたゲートウェイ (プライベート アクセス インスタンスと呼ばれる) Aryaka POPs として Cloud サービス。
      • プライベートアクセス VPN によって顧客に提供されるクライアント アプリケーション (プライベート アクセス クライアントと呼ばれます) Aryaka (これは、お客様のエンド ユーザーによって、PC、ラップトップ、携帯電話などのデバイスに展開されます)。
      • プライベート アクセス インスタンスの 24 時間 7 日の健全性監視とプライベート アクセス サービスのテクニカル サポート。
      • プライベート アクセス インスタンスの構成とポリシーの管理。
      • プライベート アクセス インスタンスのインシデント管理。
      • への統合 Aryaka SmartConnect グローバル/地域サービスとスマートCloud サービス(対象) SmartConnect / 頭いいCloud 必要に応じてライセンスを購入する必要があります)。

      以下の責任はお客様が負うものとします。

      1. Private Access クライアントの配布とインストール。
      2. 競合がないことを確認する VPN アプリ/エージェントは、 Aryaka Private Access Client。相互運用性の問題や接続の問題が発生する可能性があり、これは本サービスの範囲外です。 Aryaka サポート。
      3. 提供されるドキュメントとガイダンスに基づく、お客様の企業ユーザー向けのレベル 1 のトラブルシューティングとサポート Aryaka お客様の IT 部門に送信します。

      SmartSecure プライベート アクセスの利用規約:

      • SmartSecure Private Access は、「ユーザーごと」のライセンスに基づいてライセンスされます。 ユーザーは、毎月プライベート アクセス サービスに接続する顧客の認証サーバーまたは ID プロバイダー (Microsoft Active Directory、LDAP サーバーなど) で取得された一意の ID/ユーザー ID によって識別されます。
      • SmartSecure Private Access には XNUMX つのオファリングがあります。 XNUMX つはメインランド用のオファリングです。 China 本土を除く ROW 向けの XNUMX つのサービス China。 顧客は本土にアクセスできる China POPs 本土とのプライベートアクセスのみ China プライベート アクセスのサブスクリプション。
      • SmartSecure Private Access ROW ライセンス パッケージは、お客様がコミットすることを選択したユーザー ブロックのサイズに基づいて、さまざまな層として利用できます。 SmartSecure Private Access ROW のユーザーごとの価格は、SOF に記載されているように、お客様がオプトインしたコミット済みユーザー数によって異なります。
      • 以下のサブセクション (v) に従って、お客様は注文フォームのコミット済みユーザー数に基づいて請求されます。
      • お客様が注文フォームで購入したすべてのユーザー ライセンスは、サービスのアクティベーション日またはサービス開始日のいずれか早い方から請求されます。
      • 月末に、SmartSecure プライベート アクセス サービスに接続しているユニーク ユーザーの数がコミットされたユーザー数を超えた場合、追加の使用量は後払いで請求されます。 超過ユーザーには、注文フォームで合意されたバースト乗数に基づいて請求されます。
      • Private Access ROW をサブスクライブしている各顧客は、最大 10 ROW をプロビジョニングできます。 POPs ユーザーの地理的位置に基づきます。 Aryaka は追加のプロビジョニングを行う権利を留保します POPs お客様の追加費用なしで大規模なグローバル展開をサポートします。
      • 各顧客がメインランドに加入している China SmartSecure プライベート アクセスは、最大 3 つのメインランドでプロビジョニングできます China POPs.
      • SmartSecure プライベート アクセス サービスを使用する各エンド ユーザーは、サービスに接続するエンド ポイント デバイスを 3 つまでとするものとします。
      • Aryaka インターネット ブレークアウト (VO を使用) は提供しません。 Cloud セキュリティ ソリューションまたはその他の同様のメカニズム)のいずれかから POPs 本土外に位置する China 本土から発信されるトラフィックの場合 China.
      • Aryaka SmartSecure Private Access の場所と数を選択する権利を留保します。 POPs これは顧客ユーザーがサービスに接続するために予約されており、あらゆる努力は次の者によって行われます。 Aryaka インフラストラクチャ側のリソースの可用性とコンプライアンスのニーズに応じて、エンド ユーザーに最適な接続とエクスペリエンスを提供します。
      • Aryaka 不正な使用パターンが継続的に観察された場合、リモート ユーザーの帯域幅使用量を調整する権利を留保します。
      • Aryaka は、サポートされる機能のリストにどの機能を追加/変更/削除するかを決定する権利を留保し、それは顧客に提供される製品ドキュメントに反映されます。 上記にもかかわらず、 Aryaka は、本契約に基づいて顧客が調達したサービスが、両当事者が合意した内容から大きく逸脱しないことを保証するものとします。
      • SmartSecure Private Access 製品は、NCP-engineering, Inc. (「NCP」) が提供するリモート アクセス テクノロジを利用しています。 SmartSecure Private Access クライアント (NCP 搭載) をインストールすることにより、エンド ユーザーは、以下に指定されている NCP (または関連会社) とのライセンス契約に同意することになります。
        https://www.ncp-e.com/fileadmin/_NCP/pdf/info/NCP_License_Terms_Client_EN.pdf
        お客様は、NCP テクノロジーおよび提供する製品がサードパーティのコンポーネントであることを認め、これに同意するものとします。 ARYAKA およびその関連会社は、製品または操作の観点から NCP に起因または関連する損害または責任を否認し、責任を負いません。
    12. スマートセキュア NGFW-SWG is Aryakaが管理する次世代ファイアウォール (「NGFW」)および Secured Web Gateway(「SWG」)サービス。 アプリケーションとユーザーを意識した保護をネットワーク、ユーザー、および cloud インフラ。 Aryakaのスマートセキュア NGFW-SWG サービスには、さまざまな展開ニーズを満たすために、サイト ライセンスとユーザー ライセンスの 2 種類のライセンスがあります。 サイトライセンスは以下を提供するために使用されます。 NGFW- 場所またはサイトに対する SWG サービス (「サイト ライセンス」)。 ユーザーライセンスは以下を提供するために使用されます。 NGFW- リモート ユーザーへの SWG サービス (「ユーザー ライセンス」)。
    13. SmartSecure の利用規約 NGFW-SWG:

      1. スマートセキュア NGFW-SWG サービス サイト ライセンスには、顧客に SmartManage が必要です。 SmartConnect またはスマートCloud ライセンス。 サポートされている SmartManage ライセンスはグローバルとリージョナルで、サイズは Small、Medium、Large、X-Large、BYO です。 サポートされています SmartConnect EZ および Pro ライセンスには、X-Small、Small、Medium、Medium-Plus、Large、および X-Large のサイズが含まれます。 サポートされているスマートCloud ライセンスは IaaS.
      2. スマートセキュア NGFW-SWG サービス ユーザー ライセンスでは、リモート ユーザーは次の権限を持っている必要があります。 Aryaka SmartSecure プライベートアクセスサービス。 サポートされている SmartSecure PrivateAccess ライセンスは、SmartSecure PrivateAccess-ROW および SmartSecure PrivateAccess-Mainland です。China.
      3. スマートセキュア NGFW-SWG サービスのサイト ライセンスには、X-Small、Small、Medium、Medium-Plus、Large、X-Large、BYO の 7 つの異なるサイズがあります。
      4. SmartSecureのサイズ NGFW- 特定のサイトの SWG サービス サイト ライセンスは、SmartManage または SmartConnect BYO サイトを含む同じサイトのライセンス サイズ。
      5. スマートセキュア NGFW-スマートに対してSWGサービスを有効にすることができますCloud IaaS 対応する SmartSecure を備えた小規模または中規模のサイト NGFW-SWG サービス サイトのサイズ。 頭いいCloud IaaS スマートなサイトCloud-ENX-IaaS- ライセンス レガシーまたはスマートCloud-SD-IaaS-ライセンス レガシー (「レガシー」) ライセンスを最初にスマートに変換する必要がありますCloud IaaS SmartSecure を追加するには小規模または中規模 NGFW-SWGサービス。
      6. スマートセキュア NGFW-SWG サービス ユーザー ライセンスには 2 つの異なるリージョンが含まれます。
        a.本土 China
        b.行
      7. スマートセキュア NGFW-SWG サービスは、 ANAP 展開モデルに応じて、または POP。 あるとき ANAP サイト展開モデルの SmartSecure NGFW-SWG サービスは次の方法で提供されます。 ANAP。 他のすべての導入モデルでは、SmartSecure NGFW-SWGサービスはPOPで提供されます。
      8. スマートセキュア NGFW-リモートユーザー向けのSWGサービスは、 POPs。 使用はこの文書と契約に従って行われることが期待されます。 Aryaka では、加入しているリモート ユーザーあたりの平均データ転送量が、ユーザーあたり 6 か月あたり XNUMX GB (ギガバイト) 未満になると予想されると想定しています。 顧客の平均使用量がその金額 (「超過」) を超える場合、超過料金が適用されます。 超過料金は、POP で配信された SmartSecure の総トラフィック量 (ギガバイト単位) を差し引いて計算されます。 NGFW- お客様のリモート ユーザー向けの SWG サービスは、6 ギガバイトに SmartSecure の総数を乗じた額となります。 NGFW-SWG ユーザーライセンス。 超過料金は、各地域 (ROW および本土) の超過料金に基づいて月末に請求されます。 China) 有効な注文フォームに記入してください。 
      9. SmartSecure のサイズ NGFW-SWG ライセンスはトラフィック スループットを保証しません。 サイトで実際に達成可能なスループットは、トラフィック プロファイル、利用可能なリンク帯域幅、および ANAP モデル。 を参照してください。 SLA 詳細については。
      10. SmartSecure のバースティング NGFW-BYOサイトまたはスマート向けのSWGサービスCloud IaaS サイトが許可されるのは、 SmartConnect-Bursting-Multiplier オプションは注文フォームに記載されています。 バーストとは、BYO サイトまたはスマートの加入帯域幅を超える実際の帯域幅使用量です。Cloud IaaS 注文フォームに記載されているサイトにアクセスしてください。
      11. SmartSecure のバースティング NGFW-リモート ユーザーの SWG サービスは、次の場合に許可されます。 SmartConnect-Bursting-Multiplier オプションは注文フォームに記載されています。 バーストとは、注文フォームに記載されている契約リモート ユーザー数を超える実際のリモート ユーザー数です。
      12. お客様は、内部セキュリティ ポリシーとルールの作成、カスタマイズ、更新について単独で責任を負います。 追加料金がかかりますが、 Aryaka は、これを別の作業明細書に基づいて顧客にサービスとして提供する場合があります。
      13. スマートセキュアの場合 NGFW-SWG サービスのリモート ユーザー接続が失敗します。 Aryaka ユーザー接続を別の POP にリダイレクトする裁量権があります。 リダイレクトされた POP の地域によっては、インターネット アクセスのユーザー エクスペリエンスが最初の POP とは異なる場合があります。
    14. SmartSecure マルウェア対策 is Aryakaのマルウェア対策サービス。 SmartSecure が必要です NGFW-SWG サービスがアクティブになります。 SmartSecure Anti-Malware は、SmartSecure のアドオン サービスです。 NGFW-SWGサービス。 SmartSecure Anti-Malware は、脅威インテリジェンスを使用して高度なマルウェアの検出と保護を提供します。 Aryakaの SmartSecure Anti-Malware には、さまざまな導入ニーズを満たすために、サイト ライセンスとユーザー ライセンスの 2 種類のライセンスがあります。 サイト ライセンスは、場所またはサイトにマルウェア対策サービスを提供するために使用されます。 ユーザー ライセンスは、リモート ユーザーにマルウェア対策サービスを提供するために使用されます。
    15. SmartSecure アンチマルウェアの利用規約:

      1. SmartSecure マルウェア対策サービスのサイト ライセンスには SmartSecure が必要です NGFW-SWG サイトライセンス。
      2. SmartSecure マルウェア対策サービス ユーザー ライセンスには SmartSecure が必要です NGFW-SWG ユーザーライセンス。
      3. SmartSecure マルウェア対策サービスのサイト ライセンスには、X-Small、Small、Medium、Medium-Plus、Large、X-Large、BYO の 7 つの異なるサイズがあります。
      4. 特定のサイトの SmartSecure マルウェア対策サービスのサイト ライセンスのサイズは、SmartSecure のライセンスと一致する必要があります NGFW-SWG サイト 同じサイトのライセンス サイズ (BYO サイトを含む)。
      5. SmartSecure マルウェア対策サービスは、スマート デバイスに対して有効にできます。Cloud IaaS すでに SmartSecure を導入している小規模または中規模のサイト NGFW- SmartSecure Anti-Malware サービスのサイト サイズと一致する SWG サービス。
      6. SmartSecure マルウェア対策サービスは、 ANAP 展開モデルに応じて、または POP。 あるとき ANAP サイト展開モデルでは、SmartSecure マルウェア対策サービスは ANAP。 他のすべての展開モデルでは、SmartSecure マルウェア対策サービスは POP で提供されます。
      7. SmartSecure Anti-Malware ライセンスのサイズによっては、トラフィック スループットが保証されません。 サイトで実際に達成可能なスループットは、トラフィック プロファイル、利用可能なリンク帯域幅、および ANAP モデル。 を参照してください。 SLA 詳細については。
      8. リモート ユーザーに対する SmartSecure マルウェア対策サービスのバーストは、次の場合に許可されます。 SmartConnect-Bursting-Multiplier オプションは注文フォームにありません。 バーストとは、注文書に記載されている契約リモート ユーザー数を超える実際のリモート ユーザー数です。
      9. お客様は、内部セキュリティ ポリシーとルールの作成、カスタマイズ、更新について単独で責任を負います。 追加料金がかかりますが、 Aryaka は、これを別の作業明細書に基づいて顧客にサービスとして提供する場合があります。
    16. スマートセキュア IPS is Aryakaの侵入防御サービス (「IPS」)。 SmartSecure が必要です NGFW-SWG サービスがアクティブになります。 SmartSecure IPS は SmartSecure のアドオン サービスです NGFW-SWGサービス。 SmartSecure IPS は、脅威インテリジェンスによる高度な侵入検出と保護を提供します。 SmartSecure IPS には、さまざまな展開ニーズを満たすために、サイト ライセンスとユーザー ライセンスの 2 種類のライセンスがあります。 サイト ライセンスは、SmartSecure IPS サービスを場所またはサイトに提供するために使用されます。 ユーザー ライセンスは、SmartSecure IPS サービスをリモート ユーザーに提供するために使用されます。

      SmartSecure IPS の利用規約:

      1. SmartSecure IPS サービス サイト ライセンスには SmartSecure が必要です NGFW-SWG サイトライセンス。
      2. SmartSecure IPS サービス ユーザー ライセンスには SmartSecure が必要です NGFW-SWG ユーザーライセンス。
      3. SmartSecure IPS サービスのサイト ライセンスには、X-Small、Small、Medium、Medium-Plus、Large、X-Large、BYO の 7 つの異なるサイズがあります。
      4. 特定のサイトの SmartSecure IPS サービス サイト ライセンスのサイズは、SmartSecure のライセンスと一致する必要があります NGFW-SWG サイト 同じサイトのライセンス サイズ (BYO サイトを含む)。
      5. SmartSecure IPS サービスは、スマート デバイスに対して有効にすることができます。Cloud IaaS すでに SmartSecure を導入している小規模または中規模のサイト NGFW-SmartSecure IPS サービスのサイト サイズと一致する SWG サービス。
      6. SmartSecure IPS サービスは、 ANAP 展開モデルに応じて、または POP。 あるとき ANAP サイト展開モデルでは、SmartSecure IPS サービスは ANAP。 他のすべての導入モデルでは、SmartSecure IPS サービスは POP で配信されます。
      7. SmartSecure IPS ライセンスのサイズによっては、トラフィック スループットが保証されません。 サイトで実際に達成可能なスループットは、トラフィック プロファイル、利用可能なリンク帯域幅、および ANAP モデル。 を参照してください。 SLA 詳細については。
      8. リモート ユーザーに対する SmartSecure IPS サービスのバーストは、次の場合に許可されます。 SmartConnect-Bursting-Multiplier オプションは注文フォームに記載されています。 バーストとは、注文フォームに記載されている契約リモート ユーザー数を超える実際のリモート ユーザー数です。
      9. お客様は、内部セキュリティ ポリシーとルールの作成、カスタマイズ、更新について単独で責任を負います。 追加料金がかかりますが、 Aryaka は、これを別の作業明細書に基づいて顧客にサービスとして提供する場合があります。

の説明 Aryaka SmartConnect EZ

Aryaka SmartConnect EZ is Aryakaさん SD-WAN に基づいて構築されたマネージド サービス オファリング Aryakaさん Flexcore (後述) L3 プライベート コア。

Aryakaさん Flexcore アプリケーション パフォーマンスのためのレイヤー 2 メッシュ ネットワークと、生産性や Web を主に使用する顧客向けのレイヤー 3 メッシュ ネットワークまたは拡張インターネットで構成されます。cloud 分野の様々なアプリケーションで使用されています。

Aryakaのレイヤ 2 コアは、高レベルのアプリケーション パフォーマンスを提供します。 WAN 最適化。 Aryakaの L3 プライベート コアは、次のようなお客様を対象としています。 wan高品質です Aryaka 低コストで予測可能なパフォーマンスを実現するマネージド サービス。 この L3 プライベート コアには、高度な損失検出および補正テクノロジーが備わっています。 WAN 最適化。 L3 プライベート コアでは、すべて Aryaka POPs 特定のリージョン内のネットワークはインターネット経由で相互接続されているため、特定のリンク上の障害に対する耐障害性が向上します。

Aryaka SmartConnect EZ は 3 つのリージョン (以下の表 XNUMX で定義) と XNUMX つの異なるサイズ (次の表 XNUMX で定義) で提供されます。 Aryaka 以下の表 4 に記載) サイトごと。 Aryaka SmartConnect EZ は使いやすいマネージド機能を提供します SD-WAN ent への接続サービスerpブランチオフィス、店舗、サービスセンター、データセンターなどの上昇サイト。

テーブル3: Aryaka SmartConnect EZ リージョンは次のように定義されます。

Aryaka SmartConnect EZ地域 世界のさまざまな地域
A アメリカ合衆国、 Canada、メキシコ、欧州連合
B アジア太平洋地域、 Japan, Korea, India, Australia/ニュージーランド
C 本土 China
D South Africa、南アメリカ、ドバイ、ロシア (可能な場合)

顧客は、XNUMX つの帯域幅容量サイズのいずれかをサブスクライブできます。 Aryaka によって定義される、サイトごと、リージョンごとのミドルマイル L3 プライベート コア Aryaka 以下の表 4 に記載されています。

テーブル4: Aryaka SmartConnect EZ 帯域幅の容量サイズは次のように定義されます。

Aryaka SmartConnect EZ 帯域幅の容量サイズ 加入帯域幅
X-スモール 10 Mbpsの最大
S 20 Mbpsの最大
M 50 Mbpsの最大
ミディアムプラス 200 Mbpsの最大
L 500 Mbpsの最大
XL 最大1 Gbps

  Aryaka SmartConnect EZサービスは以下の機能で構成されています。

  • SmartConnect EZサイト
  • 高可用性 (「HA」)
  • ラストマイル管理
  • ラストマイルサービス
  • セキュリティサービス
  1. Aryaka SmartConnect EZサイト 3 つのリージョンで、XNUMX つの異なるサイズの LXNUMX プライベート コアを介したトランスポートが含まれます。 Cloud IaaS 専用接続、 Cloud セキュリティ コネクタ、L3/L4 ファイアウォール、マイクロセグメンテーション/エッジ エッセンシャルおよびサポート (「 Aryaka カスタマーサポートポリシー文書)。 サブスクリプション価格 Aryaka SmartConnect EZ のサイズは地域ごとに異なります。 エントerpライズ サイトは、いずれかのリージョンへの最も近い近接性に基づいて、XNUMX つの特定のリージョンに割り当てられます。 Aryaka POPs.
  2. Aryaka SmartConnect-EZ-高可用性 (HA) ent に追加レベルの冗長性を提供しますerpサイトの消費量が増加 Aryaka SmartConnect EZ. 高可用性はオプションです。
    • Aryaka SmartConnect-EZ-ANAP-HA 冗長性は次の時点で有効になります。 ANAP サイトのデバイスレベル。 アクティブにすべき ANAP で説明されているように失敗します SLA、冗長な ANAP は自動的にアクティブになり、指定されたアドレスへのトラフィックのルーティングを開始します。 Aryaka ポップ。 冗長な ANAP が本サービスに含まれております。 Aryaka SmartConnect-EZ-ANAP-HA は XNUMX 種類すべてで利用可能です Aryaka SmartConnect EZ サイズ: X-Small、Small、Medium、Medium-Plus、Large、X-Large。
    • Aryaka SmartConnect-EZ-POP-HA POP 障害が発生した場合に冗長性が有効になり、トラフィックがバックアップにルーティングされます Aryaka ポップ。 Aryaka SmartConnect-EZ-POP-HAには冗長性が含まれています ANAP 別のルートへの再ルーティングを有効にする Aryaka POP 障害の場合は POP。 Aryaka SmartConnect-EZ-POP-HAは全XNUMX種類あります。 SmartConnect EZ サイズ: X-Small、Small、Medium、Medium-Plus、Large、X-Large。
  3. Aryaka SmartConnect-ラストマイルマネジメント 顧客に、エンタープライズに接続する顧客のリンクの 24 時間 7 日のプロアクティブなリンク監視と管理を提供しますerpサイトを上昇させます Aryaka 提供サービス Aryakaのサポート チームは、顧客のインターネット サービス プロバイダーと積極的に連携して、顧客に代わって問題を提起し、解決します。 ラスト マイル管理はラスト マイル リンクごとに行われます。 SmartConnect-LastMileManagement はオプションです。
  4. SmartConnect-LastMileService お客様は、ファーストマイルおよびラストマイルのインターネット回線を次のサイトから購入できます。 Aryaka. SmartConnect-LastMileService には常に付属します SmartConnect- ラストマイル管理。 SmartConnect-LastMileService は常に、他のすべての SmartService とは別に、個別に処理され署名された販売注文フォームで販売されます。 SmartConnect-LastMileService はオプションです。
  5. セキュリティサービス SmartSecure には、 Aryaka プラットフォーム上のネイティブ セキュリティ機能を含む ANAP 選択されたサードパーティのファイアウォール サービスに関する特定の管理機能。 SmartSecure サービスはオプションです。

の利用規約 Aryaka SmartConnect EZサービス:

  1. 帯域幅の使用量はサブスクライブを超えてはなりません Aryaka SmartConnect サイトごとの EZ サイズ制限。 バーストまたは帯域幅プーリングは、 Aryaka SmartConnect EZサービス。 リージョン間乗数は次の場合には適用されません Aryaka SmartConnect EZサービス。
  2. S2SインターネットVPN or MPLS には適用されません Aryaka SmartConnect EZサービス。
  3. サイトの移動 (ラスト マイル サービスを除く)、帯域幅サイズの再割り当て、およびアドオンの再配置は、特定の月にサイトごとに 1 回までに制限されます。
  4. Elastic-Multiplier が注文フォームに含まれていない場合、顧客は特定のデバイスに対して購入した総帯域幅制限を超えてはなりません。 Aryaka SmartConnect 注文フォームに記載されているEZサービス。
  5. 導入日に基づく請求スケジュールは、注文フォームに記載されるものとします。
  6. Aryaka SmartConnect EZ は ENT の下でのみ購入できますerpフレックス価格モデルの上昇。

の説明 Aryaka SmartConnect Pro

Aryaka SmartConnect Pro is Aryakaさん SD-WAN に基づいて構築されたマネージド サービス オファリング Aryakaさん Flexcore (前述のとおり) レイヤ 2 プライベート コア。

Aryakaのレイヤ 2 プライベート コアは、高レベルのアプリケーション パフォーマンスを提供します。 WAN 最適化。 レイヤ 2 プライベート コアでは、すべて Aryaka POPs 特定のリージョン内のコンポーネントは、レイヤー 2 プライベート コアを介して相互接続され、それによって最適化されたパフォーマンスが提供されます。

Aryakaさん Flexcore アーキテクチャにより、さまざまなレベルの管理対象サイトを混在させることができます。 SD-WAN or SASE サービスを提供しています。 SmartConnect プロ サイトは、次のような他のサービスを備えたサイトに接続できます。 SmartConnect EZ. Flexcore パスの選択は次のようになります。

  • 時 SmartConnect プロサイトが他のサイトと通信する SmartConnect Proサイトでは、L2 Private Coreが使用されます。
  • 時 SmartConnect プロサイトは、 SmartConnect EZ サイト、またはその逆の場合は、L3 プライベート コアが使用されます。
  • 時 SmartConnect EZサイトが他のサイトと通信する SmartConnect EZサイトでは、L3 Private Coreを使用します。

Aryaka SmartConnect Pro は 5 つのリージョン (以下の表 XNUMX で定義) と XNUMX つの異なるサイズ (以下の表 XNUMX で定義) で提供されます。 Aryaka 以下の表 6 に記載) サイトごと。 Aryaka SmartConnect Pro は使いやすいマネージド機能を提供します SD-WAN ent への接続サービスerpブランチオフィス、店舗、サービスセンター、データセンターなどの上昇サイト。

テーブル5: Aryaka SmartConnect プロ リージョンは次のように定義されます。

Aryaka SmartConnect プロ リージョン 世界のさまざまな地域
A アメリカ合衆国、 Canada、メキシコ、欧州連合
B アジア太平洋地域、 Japan, Korea, India, Australia/ニュージーランド
C 本土 China
D South Africa、南アメリカ、ドバイ、ロシア (可能な場合)

顧客は、XNUMX つの帯域幅容量サイズのいずれかをサブスクライブできます。 Aryaka によって定義される、サイトごと、リージョンごとのミドルマイル L2 プライベート コア Aryaka 以下の表 6 に記載されています。

テーブル6: Aryaka SmartConnect Pro の帯域幅容量サイズは次のように定義されます。

Aryaka SmartConnect プロの帯域幅容量サイズ 加入帯域幅
X-スモール 10 Mbpsの最大
S 20 Mbpsの最大
M 50 Mbpsの最大
ミディアムプラス 200 Mbpsの最大
L 500 Mbpsの最大
XL 最大1 Gbps

  Aryaka SmartConnect プロ サービスは次の機能で構成されます。

  • SmartConnect プロサイト
  • 高可用性 (「HA」)
  • ラストマイル管理
  • ラストマイルサービス
  • セキュリティサービス
  • インターネットVPN
  • MPLS
  1. Aryaka SmartConnect プロサイト 2 つのリージョンで、XNUMX つの異なるサイズの LXNUMX プライベート コアを介したトランスポートが含まれます。 Cloud IaaS 専用接続、 Cloud セキュリティ コネクタ、L3/L4/アプリケーション ディープ パケット インスペクション ファイアウォール、マイクロセグメンテーション/エッジ エッセンシャルおよびサポート (「 Aryaka カスタマーサポートポリシー文書)。 サブスクリプション価格 Aryaka SmartConnect Pro のサイズは地域ごとに異なります。 エントerpライズ サイトは、いずれかのリージョンへの最も近い近接性に基づいて、XNUMX つの特定のリージョンに割り当てられます。 Aryaka POPs.
  2. Aryaka SmartConnect-プロ高可用性 (HA) ent に追加レベルの冗長性を提供しますerpサイトの消費量が増加 Aryaka SmartConnect プロ。 高可用性はオプションです。
    • Aryaka SmartConnect-プロ-ANAP-HA 冗長性は次の時点で有効になります。 ANAP サイトのデバイスレベル。 アクティブにすべき ANAP で説明されているように失敗します SLA、冗長な ANAP は自動的にアクティブになり、指定されたアドレスへのトラフィックのルーティングを開始します。 Aryaka ポップ。 冗長な ANAP が本サービスに含まれております。 Aryaka SmartConnect-プロ-ANAP-HA は XNUMX 種類すべてで利用可能です Aryaka SmartConnect プロサイズ: X-Small、Small、Medium、Medium-Plus、Large、X-Large。
    • Aryaka SmartConnect-プロポップハ POP 障害が発生した場合に冗長性が有効になり、トラフィックがバックアップにルーティングされます Aryaka ポップ。 Aryaka SmartConnect-Pro-POP-HA には冗長性が含まれています ANAP 別のルートへの再ルーティングを有効にする Aryaka POP 障害の場合は POP。 Aryaka SmartConnect-Pro-POP-HA は全 XNUMX 種類で利用可能です SmartConnect プロサイズ: X-Small、Small、Medium、Medium-Plus、Large、X-Large。
  3. Aryaka SmartConnect-ラストマイルマネジメント 顧客に、エンタープライズに接続する顧客のリンクの 24 時間 7 日のプロアクティブなリンク監視と管理を提供しますerpサイトを上昇させます Aryaka 提供サービス Aryakaのサポート チームは、顧客のインターネット サービス プロバイダーと積極的に連携して、顧客に代わって問題を提起し、解決します。 ラストマイル管理はリンクごとです。 SmartConnect-LastMileManagement はオプションです。
  4. SmartConnect-LastMileService お客様は、ファーストマイルおよびラストマイルのインターネット回線を次のサイトから購入できます。 Aryaka. SmartConnect-LastMileService には常に付属します SmartConnect- ラストマイル管理。 SmartConnect-LastMileService は常に、他のすべての SmartService とは別に、個別に処理され署名された販売注文フォームで販売されます。 SmartConnect-LastMileService はオプションです。
  5. セキュリティサービス SmartSecure には、 Aryaka プラットフォーム上のネイティブ セキュリティ機能を含む ANAP 選択されたサードパーティのファイアウォール サービスに関する特定の管理機能。 SmartSecure サービスはオプションです。
  6. SmartConnect-インターネットVPN 2 つのサイトがサイト-XNUMX-サイトを使用してインターネット上で安全に通信できることを意味します VPN および Aryaka HybridWAN 技術。
  7. SmartConnect-MPLS カスタマーエッジとのサイトツーピアの機能を意味します MPLS ルータ。

の利用規約 Aryaka SmartConnect プロサービス:

  1. サイトの移動 (ラスト マイル サービスを除く)、帯域幅サイズの再割り当て、およびアドオンの再配置は、特定の月にサイトごとに 1 回までに制限されます。
  2. Elastic-Multiplier が注文フォームに含まれていない場合、顧客は特定のデバイスに対して購入した帯域幅サイズ制限を超えてはなりません。 Aryaka SmartConnect 注文フォームに記載されているプロサービス。
  3. 導入日に基づく請求スケジュールは、注文フォームに記載されるものとします。
  4. Aryaka SmartConnect Pro は ENT の下でのみ購入できますerpフレックス価格モデルの上昇。

の説明 Aryaka SmartCDN (IADS)

Aryaka SmartCDN は、IP Application Delivery-as-a-Service (「IADS」) を使用量ベースのサービスとして提供します。 IADS は、Web サーバーや VDI ファームなどの Web または IP ベースのパブリック アプリケーションを高速化するために使用されます。 Aryakaのグローバル ネットワークを使用して、次のような機能を利用できます。 TCP 最適化、キャッシュ、圧縮 cloud- ベースの管理と可視性(使用時) MyAryaka ポータル。

利用規約 Aryaka SmartCDN サービス (IADS):

  • Aryaka エッジを選択する権利を留保します POPs と起源 POPs グローバル ネットワーク上でサービスを提供するため。
  • Aryaka は、達成される最大データ転送速度を制限する権利を留保します。 Aryaka 購入した合計コミットに基づくネットワーク。

の説明 Aryaka スマートハンズサービス

Aryaka スマートハンズサービス のインストールとアクティベーションに関して顧客に提供されるプロフェッショナル サービスです。 ANAP 顧客サイトを接続するには Aryaka サービスを提供しています。 Aryaka SmartHands サービスは、インストールおよびアクティベーションの専門サービスが必要なサイトに対して、お客様のリクエストに応じて提供されます。

の利用規約 Aryaka スマートハンズサービス:  該当する注文書または作業範囲記述書に別段の記載がない限り、 Aryaka と顧客の条件は次のとおりです。

  • Aryaka SmartHands サービスの料金は高額ですurlSmartHands サービスを必要とするサイトごとに、実際の配信時間に応じて毎月請求されます。
  • お客様が返金します Aryaka 合理的かつ必要な旅行関連費用のすべて。

ラストマイルサーキットの説明

ラストマイルサーキット 顧客のサイトを最寄りのサイトに接続するために使用される物理リンク (有線または無線) です。 Aryaka ポップ。 物理リンクは、直接のレイヤ 2 接続またはインターネット回線の場合があります。 ラストマイルサーキットのタイプは注文書に明記されます。

ラストマイルサーキットの利用規約:

  • 各ラスト マイル回線サービスのすべての料金は、特定の回線がアクティブ化されてサービスの準備が整い、サービスの準備が完了した日 (「RFS 日」) がお客様に通知されたときに開始されます。 かかる料金は、他の理由に関係なく、前文に規定されたとおりに開始されるものとします。 Aryaka サービスがアクティブ化されています。
  • お客様のサイトのサイト調査が完了すると、特定のサードパーティ サービス プロバイダーがアドバイスを提供します。 Aryaka (a) サービスの提供に関して、お客様に事前に見積もられた料金を超える追加料金が発生する場合。 そのような場合には、 Aryaka 関連するコストの変更をお客様に提案します。 (b) 「利用可能なサービスがありません」または同等の場合、または再設計が必要な場合。 Aryaka その後、ラスト マイル サーキットの代替プロバイダーを見つけることを約束します。 Aryaka は、代替のラスト マイル サーキットを、関連するコストの変更とともにお客様に提案します。
  • お客様は、提案の受領後 5 日以内に、提案された料金を拒否する権利を有します。 お客様が提案を拒否した場合、ラスト マイル サーキットの元の注文は、早期終了手数料なしで自動的にキャンセルされます。 5 日以内にお客様が拒否しなかった場合、提案は受け入れられたとみなされます。
  • ラスト マイル サーキット注文の署名時に提供されるすべての開始日または完了日は勧告的なものであり、拘束力はありません。 最終的なサービス有効化日は、サードパーティ サービス プロバイダーがお客様のサイトのサイト調査を完了した後に提供されます。
  • Aryaka 当社は、(a) 内部配線の完了、(b) 追加情報の要求に対する顧客の応答、または (c) サービスをインストールするための顧客のサイトへのアクセスの遅延については責任を負いません。
  • すべてのラスト マイル サーキットの見積もりは、最小入口点 (MPOE) への接続の提供に基づいています。 MPOE からお客様の施設または機器へのすべての配線はお客様の責任となります。 お客様からの書面による要請に応じて、 Aryaka 内部配線を提供できるかどうか、および関連する追加費用の見積もりをアドバイスします。
  • すべてのラスト マイル回線について、平均修理時間およびサービス可用性サービス レベル アグリーメントは、特定のサードパーティ サービス プロバイダーによって提供される (場合によっては制限される) ため、回線の種類によって異なります。と命令される。

リンク監視の説明

リンクモニタリング による監視を意味します Aryaka お客様のラスト マイル サーキット リンクの管理は、ここで指定されているレポートとサポートを含め、24 時間 7 日体制で実施されます。 リンク モニタリングは、顧客からの承認書とともに注文書に指定されている場合、ラスト マイル サーキットに含まれるものとします。

リンクモニタリングの利用規約

リンク監視。 もし Aryaka 顧客から署名済みの委任状 (LOA) を受け取り、 Aryaka は、ラスト マイル回線管理の一環として、次のリンク モニタリング サービスを続行します。

  • 間で ping を実行して、リンクを 24 時間 7 日監視します。 Aryakaの POP とエンドユーザーのデバイス。
  • ping は XNUMX 秒に XNUMX 回発生し、 Aryaka 平均パケット損失と遅延を分単位でレポートします。
  • Aryaka 遅延またはパケット損失の移動平均が、 SLA.
  • ラストマイル管理に規定されている通り SLA 期間中、遅延またはパケット損失が該当するしきい値を超える、またはラスト マイル トンネルが使用できなくなるインシデントが発生した場合、 Aryaka 顧客、顧客のインターネット サービス プロバイダー (ISP)、 または両方。
  • それぞれに取り組む中で、 ISP, Aryaka が提供するインシデント解決の優先順位またはエスカレーション マトリックスに準拠します。 ISP.

Aryaka は一切責任を負いません ISP に従ってサービスを復元できない ISPさん SLA。 さらに、 Aryaka 調達には責任を負いません ISP リンクまたはその他の非Aryaka お客様向けのリンク。 サービス使用量の計算

いくつかの例外を除き、上記のサービスのほとんどでは、請求目的でのサービス使用量の計算は、注文フォームに記載されているように、コミットされたサブスクリプション数量に基づいて行われます。 このセクションでは、使用量ベースのサービスのサービス使用量の計算方法について詳しく説明します。この場合、請求はコミットされたサブスクリプション数量だけではなく、実際の使用量に基づいて行われます。

A. Elastic サブスクリプションのサービス使用量の計算

すべての人のための柔軟なサブスクリプション Aryaka サービスは、SmartManage-ElasticSubscription-Multiplier オプションが注文フォームに存在し、顧客によって選択されている場合に許可されます。 サービスの実際にアクティブ化された数量が、サービスのサブスクリプション数量を超える場合は、オーバーサブスクリプションの使用量として定義されます。

オーバーサブスクリプション使用量の各単位の単価は、それぞれ注文フォームに記載されているように、SmartManage-ElasticSubscription-Multiplier とサービスの単価の積として計算されます。

B. リージョン間トラフィックのサービス使用量の計算

リージョン間トラフィック SmartConnect地域別料金の -L2PrivateCore-SBW は、次の場合に許可されます。 SmartConnect-InterRegion-Multiplier オプションは注文フォームに記載されており、お客様によって選択されています。 リージョン サイトのリージョン間トラフィックは、リージョン サイトから同じリージョン内にない他のすべてのサイトに送受信されるトラフィックの 99 パーセンタイルの最大値です。 リージョンのリージョン間トラフィックは、そのリージョン内のすべてのリージョン サイトのリージョン間トラフィックの合計です。 リージョン間トラフィックの単価は、次の積として計算されます。 SmartConnect-InterRegion-Multiplier と、地域の価格レベルごとの単価 Aryaka SmartConnect-PrivateCore-SBW サービス。それぞれ注文フォームに記載されています。

C. バースティングのサービス使用量の計算

バースト SmartConnect-L2PrivateCore-SBW は、 SmartConnect- Bursting-Multiplier オプションは注文フォームに存在し、顧客によって選択されています。 バーストとは、サブスクライブされた帯域幅を超える実際の帯域幅使用量です。 SmartConnect-L2PrivateCore-SBW は注文フォームに記載されています。 サイトの帯域幅使用量は、送受信されたトラフィックの 99 パーセンタイルの最大値です。 Aryakaの L2 プライベート コア。 地域サイトの場合、地域間トラフィックは帯域幅使用量に考慮されません。 耳鼻咽喉科向けerpライズ フレックス価格モデルでは、バーストは、そのリージョン内のすべてのサイトの合計帯域幅使用量から合計サブスクライブ帯域幅を差し引くことによって、各リージョンごとに計算されます。 標準価格モデルの場合、バースティングは、帯域幅使用量からサブスクライブされた帯域幅を差し引くことによってサイトごとに計算されます。 バースティングの単価は、次の積として計算されます。 SmartConnect-Bursting-Multiplierとその単価 Aryaka SmartConnect-L2PrivateCore-SBW サービス。それぞれ注文フォームに記載されています。

注: 上記各従量制サービスにおいて、複数のオーダーフォームがある場合、単価および倍率は最新のオーダーフォームにより決定されます。