aryaka

SAP HANA (ハイパフォーマンス分析アプライアンス) は、より高速なデータ処理、移植性、高可用性を目指してゼロから設計されており、インメモリ データベースを活用しており、回転メディアで実行される従来のデータベースよりも桁違いに高速です。

SAP HANA は、高速クエリと高速トランザクションの両方に最適化されたアーキテクチャにより、複雑なデータセットの処理や、リアルタイムのビジネス洞察を収集するための多様なトランザクションおよび分析要素のコンパイルに関する従来のデータベースの障壁をすべて打ち破ります。

従来のビジネス ソース、Web サイトからの UX/UI データ、モバイル ワーカーからのデータ、さらには IoT デバイスや機械学習ユニットからのデータを含む多数のエンドポイントから膨大な量のデータが注入されているにもかかわらず、 NetWeaver スタックはその中間に位置し、常に HANA データベースとやり取りします。 SAP HANA を使用すると、ユーザーはほぼゼロのレイテンシで膨大な量の構造化データと非構造化データに即座にアクセスできるため、必要に応じてオンデマンドで瞬時にデータをクエリできるようになります。

SAP HANA ネットウィーバー

従来のネットワークではうまくいかない

データ間を流れるデータを処理するツールとしてisp運用単位やその他の多数のソースが管理されているため、ネットワーク接続は SAP HANA の方程式の中心です。 広範な SAP 接続を実現するには、HEC (HANA Ent) に接続するネットワークが必要です。erp上昇 Cloud) を、あらゆる場所、ユーザー、アプリケーション、データ ソースに、迅速、簡単、そしてコスト効率よく提供します。 などの従来のネットワークでは満たすのが難しい要件です。 MPLS そしてIPSec。

厳格な性質だけでなく、 MPLS これは、SAP のプレゼンスを分散化し、どこでもどこでも利用できるようにするという、SAP HANA の背後にある創設イデオロギーに反しています。また、異なる運用単位とデータ間のデータの往復移動に大きく依存するツールにとっても困難です。リモート ワーカーは、ハブ アンド スポーク アーキテクチャを使用して作業します。 MPLS.

このアーキテクチャでは、データ バックホールによってネットワークに誤って過負荷がかかり、トラフィックが「トロンボーン」状態になり、その結果、ルートが非効率になり、ユーザーとそのアプリケーション間の距離が長くなります。 これに加えて、 MPLS 柔軟性と拡張性の制限。

従来の SAP HEC 接続

もう XNUMX つのオプションは、各サイトがパブリック インターネット経由で SAP HEC に個別に接続できるようにすることです。 ただし、顧客はインターネットの帯域幅と遅延の保証が不足していることを考慮する必要があります。 結果? ほとんどの場合、パブリック インターネットは、SAP アプリケーションによって送信される大量のファイル転送や大量のデータ パケットに追いつくことができません。 その結果、データの欠落、伝送速度の低下、接続タイムアウトが発生し、SAP アプリケーションのパフォーマンスが平凡になります。

帯域幅を追加することは火を消すための簡単な解決策のように思えるかもしれませんが、スループットの向上にはほとんど効果がありません。 一貫性のない遅延が発生すると、ネットワークの輻輳やネットワーク ピアリング ポリシーにより、たとえ短距離であってもこのスループットが中断されます。 また、遅延が解決されたとしても、ネットワークは引き続き非常に混雑し、ピーク容量を超えてデータが大陸を越えてルーティングされることになります。 アプリケーションのパフォーマンスは必ず悪影響を受けます。

SAP HEC 接続を簡素化し、アプリケーションのパフォーマンスを向上

ブランチ オフィスを SAP HEC に接続するのは難しいことではありません。 すべての SAP インスタンスに直接接続したり、SAP インスタンス間で直接接続したりする簡単な方法があったとしたらどうでしょうか。 MPLS、複雑なアプライアンス、またはピアリングの必要性はありますか? ハナちゃんのように、 Aryaka Cloud-最初 WAN ゼロから構築されました cloud-第一原則。 これにより、ユーザーは世界中のどこからでも 30 ミリ秒以内に SAP HEC インスタンスに安全に接続できます。

簡素化された SAP HEC 接続

遠隔地、支社、本社が接続します。 Aryaka最も身近な存在感をフルメッシュで実現 cloud。 グローバル プライベート ネットワークにより、バックホールや単一のチョーク ポイントが不要になります。 組み込まれた最適化と回復力と、保証された安定したコア レイテンシの組み合わせにより、サイト、データ センター、SAP インスタンス間の超高速接続と輻輳ゼロが保証されます。

フルマネージドサービス 最適化された性能 世界中への迅速な導入 多層セキュリティ
グローバルマルチ対応の単一ソリューションcloud ソフトウェア定義のレイヤー 2 コアを介した接続。 最大 30 倍高速なアプリケーション パフォーマンス 世界中のどこにでも数時間で導入できます。 エッジ、コア、および cloud.
エンドツーエンドの信頼性 SLAs 最大 99.999% の稼働率を実現します。 最大 98% の帯域幅とデータ削減により、高速パフォーマンスと優れたユーザー エクスペリエンスを実現 35以上のグローバルネットワーク PoPs 世界のビジネス人口の 95% が 30 ミリ秒以内にアプリケーションにアクセスできるようになります。 専用のプライベート コア ネットワークと、区画化され安全なトラフィック。
24時間7日の監視とCCIEレベルのサポート すべての人にとっての任意対任意の接続 IaaS, PaaS, SaaS オンデマンドのサイトと帯域幅の変更。 ネットワークエッジと cloud 仮想ファイアウォールのサポートを含むセキュリティ。
設定作業無し CapEx、従量課金制の料金設定

当社について Aryaka Networks

Aryaka Cloud-最初 WAN 企業の消費者に機敏性、シンプルさ、そして優れたエクスペリエンスをもたらします。 WAN-サービスとして。 最適化されたグローバル ネットワークと革新的なテクノロジー スタックにより、業界ナンバー 1 のマネージド サービスが提供されます。 SD-WAN サービスを提供し、アプリケーションのパフォーマンスのゴールドスタンダードを設定します。 Aryakaの SmartServices プラットフォームは、接続性、アプリケーションの高速化、セキュリティ、 cloud グローバルなオーケストレーションとプロビジョニングを活用したネットワーキングと洞察。 同社の顧客には数百の世界的な企業が含まれますerpFortune 100 に数社がランクインするなど、上昇しています。