ARYAKA NETWORKS, INC.
マスターサブスクリプション契約書

(販売代理店経由のお客様)

このマスター サブスクリプション契約 (この "契約") との間で入力されます Aryaka Networks, Inc。 (「Aryaka ) は、1850 Gateway Drive, Suite 500, San Mateo, California 94404 USA にオフィスを構えるデラウェア州法人であり、顧客 ("お客様"). Aryaka および顧客は、本明細書では総称して次のように呼ばれます。 「パーティー」 そして、それぞれ個別に、 "パーティ。" 本契約は、顧客と再販業者との間の別個の契約および再販業者注文書に従って、お客様が再販業者から購入したサービスへのお客様のアクセスおよび使用を規定します。 本契約は、顧客が承諾したときに発効し、顧客との間の拘束力のある法的契約を確立します。 Aryaka.

ここに含まれる合意を考慮して、両当事者は次のように合意します。

  1. DEFINITIONS
    本契約の目的上、以下の用語は以下の意味を持ちます。
  2. 1.1 「アフィリエイト」 エンティティのとは、直接的または間接的に管理する、そのようなエンティティによって管理される、またはそのようなエンティティと共通の管理下にある他のエンティティを意味します。 「支配」という用語(およびその変化に応じて)は、議決権証券の所有権を通じて、契約によって、またはその他の方法によって、企業の経営および方針の方向性を指示または引き起こす直接的または間接的な権限を意味します。

    1.2 「同意」 前文に定められた意味を持ちます。

    1.3 ANAP  という意味 Aryaka Network Access Point (ANAP)、帯域幅の最適化を提供するデバイス、 SD-WAN 機能とアプリケーションの高速化を実現します。 WAN に接続されているリンク Aryaka ネットワーク ポイント オブ プレゼンス (「POP」または「Aryaka ポップ")。

    1.4 「適用法」 それぞれの当事者に適用される地方、州、国内または外国の法律、条約、または規制を意味します。

    1.5 Aryaka  前文に定められた意味を持ちます。

    1.6 Aryaka 装置" によって提供されるハードウェアおよび機器を意味します Aryaka これにより、お客様は、 Aryaka ネットワークを含む ANAP-1000、 ANAP-1500、 ANAP-2000、 ANAP-2500、および ANAP-3000 を含む ANAP「高可用性」(「HA」)を備えた ANAP")、 と Aryaka ルーター(提供されている場合) Aryaka へのアクセスメカニズムの一部として Aryaka ネットワーク。

    1.7 Aryaka 補償対象当事者」 手段 Aryaka、その関連会社、およびそれぞれの取締役、役員、従業員、代理人。

    1.8 Aryaka 通信網" 手段 Aryakaの独自のサーバーとソフトウェアの地理的に分散されたネットワーク。

    1.9 「機密情報」 当事者(「開示当事者」)の情報とは、本契約または本契約により企図されている取引に関連して、他の当事者(「受領当事者」)に開示された、または他の当事者(「受領当事者」)が知り得た開示当事者の機密情報または開示当事者のすべての情報を意味します。開示される情報の性質および開示を取り巻く状況(秘密情報の場合を含む)により、受領当事者は機密であると合理的に理解する必要があります。 Aryaka、再販業者によって顧客に開示または提供されるかかる情報)。 上記を制限することなく、(i) の機密情報 Aryaka サービスと Aryaka 機器(いずれの場合も、使用されるソフトウェアを含む) Aryaka サービスの提供において、および Aryaka 機器 (ソース コードとオブジェクト コードを含む))、すべての関連および基礎となるテクノロジー、プロセス、材料、 Aryakaの価格設定、セキュリティ情報、監査とレポート、および本契約の条件。 (ii) 顧客の機密情報には顧客データが含まれます。 (iii) 各当事者の機密情報には、事業計画およびマーケティング計画、技術および技術情報、製品計画および設計、およびビジネスプロセスに関する情報が含まれます。

    1.10 「顧客」 前文に定められた意味を持ちます。

    1.11 「顧客データ」 顧客が送信したすべての電子データまたは情報を意味します。 Aryaka ネットワーク(除く) Aryaka 機密情報)。

    1.12 「データ保護に関する補遺」 or 「DPA」 データ保護補遺を意味し、現在次の場所で入手できます。 WWW。aryaka.com/data-protection-addendum、その Aryaka は予告なく随時更新される場合があり、これはこの参照により本明細書に組み込まれ、本契約の一部となります。

    1.13 「開示当事者」 「機密情報」の定義に定められた意味を持ちます。

    1.14 「発効日」 前文に定められた意味を持ちます。

    1.15「EOL」 サブセクション 2.5 (サポート終了) に規定されている意味を持ちます。

    1.16 「不可抗力」 「天変地異、政府の行為、洪水、火災、地震、パンデミック、社会不安、テロ行為、ストライキまたはその他の労働問題、または第三者サービスの遅延を含む、当事者の合理的な制御を超えた状況を意味します。」

    1.17 「ラストマイルサーキット」 顧客の施設を最も近い場所に接続するために使用される物理リンク (有線または無線) を意味します。 Aryaka ポップ。 物理リンクは、直接のレイヤ 2 接続またはインターネット回線の場合があります。 ラスト マイル サーキットのタイプは、再販業者の注文フォームに指定されます。

    1.18 「マリ」cio私たちのコード」 ウイルス、ワーム、時限爆弾、トロイの木馬、その他の有害または悪意のあるものを意味しますcio当社は、危害や混乱を引き起こすことを目的としたコード、ファイル、スクリプト、エージェント、またはプログラムを禁止します。

    1.19 "リセラー 注文書" 再販業者と顧客の間で随時正式に締結される、サービスの購入に関する再販業者の注文文書を意味します。

    1.20「パーティー」 および 「パーティー」 前文に記載されている意味を持ちます。

    1.21 「受け取り側」 「機密情報」の定義に定められた意味を持ちます。

    1.22 「再販業者」 独立した第三者を意味し、 Aryaka は、かかる第三者による顧客へのサービスの再販を許可する再販契約を締結しています。 「SD-WAN」とは、ソフトウェア定義の広域ネットワークを意味します。

    1.23 「サービスレベル契約」 or 「SLA  サービス レベルの条件を意味します。現在、次の場所で入手できます。 https://www.aryaka.com/aryaka-service-level-agreement、その Aryaka は予告なく随時更新される場合があり、これらはこの参照により本明細書に組み込まれ、本契約の一部となります。

    1.24 「サービス」 によって提供されるすべてのサービスを意味します Aryaka そしてどれも Aryaka ダウンロードされたマテリアル (Java アプレット、ソフトウェアを含む)ANAP、およびブラウザ/ユーザー インターフェイス コンポーネント)、ユーザー ガイド、コード、ユーザー インターフェイスのパスワード、アクセサリ、およびその他の文書。これらは、完全に実行された再販業者注文フォームに基づいてお客様が注文したもので、再販業者の注文に詳しく説明されている関連するオフライン コンポーネントを含みます。フォームまたはサービスの説明と規約に記載されています。

    1.25 「サービスの説明と規約」 サービス関連の説明と規約を意味し、現在次の場所で入手できます。 WWW。aryaka.com/services-terms/、その Aryaka は予告なく随時更新される場合があり、これらはこの参照により本明細書に組み込まれ、本契約の一部となります。

    1.26 「サービス期間」 「再販業者注文フォーム」に指定されている、顧客による該当するサービスのサブスクリプション期間中 (再販業者注文フォームに基づく更新または延長を含む) の期間を意味します。

    1.27 「期間」 は、第 9.1 条 (契約期間) に規定される意味を持ちます。

    1.28 「サードパーティコンテンツ」 顧客、その関連会社、またはユーザーがサービスを通じて、サービスに関連して、またはサービスの一部としてアクセスまたは使用できるサードパーティのソフトウェア、テクノロジー、サービス、データ、およびその他のコンテンツまたはマテリアルを意味します。

    1.29 「ユーザー」 顧客によってサービスの使用を許可され、顧客から(または顧客によって)ユーザー ID とパスワードが提供された個人を意味します。 Aryaka お客様のご要望に応じて)。 ユーザーには、顧客またはその関連会社の従業員、コンサルタント、請負業者、代理店、または顧客と取引する、または企業広域ネットワークを使用する第三者が含まれる場合があります。

  3. サービス
  4. 2.1サービス。 本契約の条件に従い、 Aryaka は、お客様が再販業者注文フォームで再販業者から購入したサービスを、該当する再販業者注文フォームに記載されているサービス期間中、本契約に従ってお客様とそのユーザーがのみ使用できるように、本契約に従ってお客様が利用できるようにします。 お客様は、購入が将来の機能の提供を条件としないこと、また、口頭または書面によるパブリックコメントに依存しないことに同意するものとします。 Aryaka 将来の機能や特徴について。

    2.2 顧客の責任。 お客様は、(i) ユーザーが本契約を遵守することを保証します。 (ii) 顧客データの正確性、品質、完全性、合法性、および顧客またはその関連会社が顧客データを取得する手段に対して全責任を負います。 (iii) 商業的に合理的な努力を払って、サービスへの不正なアクセスまたは使用を防止します。 Aryaka 設備を整え、速やかに通知する Aryaka かかる不正なアクセスまたは使用の防止。 (iv) 速やかに通知する Aryaka お客様の連絡先情報に変更があった場合。

    2.3 使用制限。 お客様は以下のことを行わないものとします (また、第三者にそれを許可しません) (i) サービスにアクセスまたは使用する、または Aryaka エクスプレス以外の装備ssly 本契約で許可されている。 (ii) サービスを販売、再販、レンタル、リースすること、またはサービス ビューローなどを通じてサービスを提供すること。 (iii) 本サービスを使用して、侵害、名誉毀損、またはその他の違法または不法な素材、第三者のプライバシー権を侵害する素材、またはマリの素材を保存、送信、使用、またはアクセスすること。cio当社規定、または準拠法に違反してサービスを使用する。 (iv) お客様自身のイントラネット上またはその他のお客様自身の社内業務目的または本契約と一致する目的でコピーまたはフレーム化する場合を除き、サービスに基づいて二次的著作物を作成すること、またはサービスの一部またはコンテンツをコピー、フレーム化、またはミラーリングすること; (v) サービスを逆コンパイル、逆アセンブル、またはリバース エンジニアリングすること、サービスで使用または組み込まれているソース コード、アルゴリズム、方法や技術を特定しようとすること、または競争力のある製品またはサービスを構築するため、または機能をコピーするためにサービスにアクセスすること。サービスの機能またはグラフィックス。 (vi) 本サービスまたはそれに含まれる第三者データの完全性またはパフォーマンスを妨害または妨害すること。 (vii) 本サービスまたはその関連システムまたはネットワークへの不正アクセスを試みる。 (viii) ~に関する情報を公開または配布する Aryakaの事前の書面による明示的な許可なしに、顧客の組織外で収集されたベンチマーク、価格、またはその他のデータ Aryaka それぞれの場合において。 または (ix) に接続するか、その他の方法で使用します。 Aryaka サービスを使用せずにネットワークを構築し、 Aryaka 装置。 顧客は、本契約に関連するすべてのユーザーの行為および不作為に対して責任を負います。

    2.4 サードパーティのコンテンツとパートナー。 本サービスに関連して提供または利用可能となる第三者コンテンツには、再販業者の注文フォームまたはサービスの説明と条件に記載されている第三者規約またはその他の追加規約が適用される場合があります。 Aryaka は、米国以外の特定の管轄区域でサービスを提供するライセンスを取得した現地のパートナーを通じてサービスを提供する場合があり、その場合、再販業者の注文フォームまたはサービスの説明および条件に記載されている追加の条件が適用される場合があります。 お客様は、次のような米国以外の特定の管轄区域では、次のことを理解しています。 China、適用される法律や規制は急速に変更される可能性があり、法律の変更や国際情勢の変化により、サービスは将来的に随時変更または制限される可能性があります。erp既存の法律に関連した、または地方自治体当局の要求に応じた施行または施行。 お客様は、かかる変更および制限により、(i) 特定のサービスの中止、またはサービスの提供に使用される特定のソフトウェアまたはハードウェアの使用の中止が伴う、またはそれに限定されない結果が生じる可能性があることを理解するものとします。 (ii) 顧客のドメイン、情報、またはコンテンツのブロックまたは削除。 (iii) 地方自治体当局への特定の情報の提供。

    2.5 生産終了。 Aryaka は、その裁量により、サービスの要素またはバージョンの製造、配布、およびサポートを中止することを選択し、その結果、そのような要素またはバージョンをサポート終了として指定することがあります (「EOL」) もし Aryaka あらゆる要素またはバージョンの EOL を発表することを選択します。 Aryaka 少なくとも 90 日前までに書面による通知を行います。これは、直接通知または郵送により行うことができます。 Aryakaさんのウェブサイト。 かかる通知期間中、お客様は、本契約の条件に従って、該当する EOL サービスを引き続き使用できます。 Aryaka (直接、または当社が選択したサードパーティ請負業者を通じて) Aryaka) に従って、そのような EOL サービスの最後の商用バージョンのサポートを提供し続けます。 Aryakaに適用されるサポート条件は、発表された EOL 日から 1 年間、または関連する再販業者注文フォームの終了時 (いずれか早い方) から XNUMX 年間適用されます。 ただし、お客様がかかるサービスのサブスクリプション料金、ライセンス料金、およびサポート料金を引き続き支払い続ける場合に限ります。そんな時期に。 Aryaka は、サードパーティのコンテンツに関する EOL 通知、サポート、または使用に関して約束を行いません。

  5. 料金と支払い
  6. 3.1 料金。 購入に関するすべての請求書の支払い、注文、価格設定および税金関連の条件は、お客様と再販業者の間で合意されたとおりとなります。

  7. 所有権
  8. 4.1権利の留保。 限定的な権利表現の対象となるssl本契約により付与される、 Aryaka は、本サービスに対するすべての権利、所有権、利益を留保します。 Aryaka すべての特許、著作権、商標、企業秘密、その他の知的財産または所有権を含む、機器およびすべての関連および基礎となる技術および文書。 お客様は、いかなる形であっても、本サービスを危険にさらしたり、妨げたり、制限したり、干渉したりするような行動をとらないものとします。 Aryakaまたはそのライセンサーのサービスに関する所有権および権利。 Aryaka 機器、またはその派生作品または更新。 お客様との間で Aryaka, Aryaka 本サービスに対するすべての権利、所有権、利益を独占的に所有および保持します。 Aryaka 本契約に基づく機器およびいかなる権利も、明示的なものを除き、お客様に付与されません。sslyは本明細書に記載されています。 明確にするために、 Aryaka すべての返還を要求する権利を保持します Aryaka 機器への Aryaka 本契約に従ってお客様による。 たとえそれが反対であっても、 Aryaka は、顧客またはサービスのユーザーから提供された提案、機能拡張リクエスト、推奨、修正、またはその他のフィードバックを自由に使用し、自社の製品およびサービスに組み込むことができます。 Aryakaの製品またはサービス。

    4.2 顧客データの所有権。 お客様との間で Aryaka, お客様は、お客様データに関するすべての権利、所有権、利益を独占的に所有します。

  9. 守秘義務とデータ保護
  10. 5.1 機密情報の開示と使用。 開示当事者によって別途書面で許可されている場合を除き、(i) 受領当事者は、同様の種類の機密情報の機密性を保護するために行うのと同じ程度の注意を払います (ただし、いかなる場合も合理的な注意を下回ることはありません)。本契約の範囲外の目的で開示当事者の機密情報を開示または使用すること、および (ii) 受領当事者は、開示当事者の機密情報へのアクセスを、必要な必要がある受領当事者の従業員、請負業者および代理店に限定するものとします。本契約の範囲に一致する目的で、受領当事者と機密保持契約を締結している(または、かかる機密情報の開示および使用に関して受領当事者とのその他の制限に拘束されている)場合は、本契約に規定されているものと同等以上の厳格なアクセスが必要です。 。

    5.2 顧客データの保護。 顧客データの場合、 Aryaka は、顧客データのセキュリティ、機密性、完全性を保護するために設計された合理的な管理的、物理的、および技術的な保護手段を維持します。 Aryaka ネットワーク。すべてデータ保護補遺の対象となり、データ保護補遺に規定されています。 両当事者は、データ保護補遺に規定されている適用されるデータ プライバシー法の要求に従って情報を提供することに同意します。

    5.3 強制開示。 準拠法で要求される範囲で、受領当事者による開示当事者の機密情報の開示は、受領当事者がかかる強制的な開示について、開示当事者に事前に書面による通知を速やかに提供する限り、本契約の違反とは見なされません。法的に許可される範囲)、開示当事者が開示に異議を唱えたい場合には、開示当事者の費用負担で合理的な支援を提供します。

    5.4除外。 機密情報には次のような情報は含まれず、このセクション 5 (機密保持とデータ保護) は次の情報には適用されません。(i) 受領当事者の不法行為や不作為によって一般に知られている、または一般に知られるようになる。 (ii) 受領当事者は、開示当事者に対するいかなる義務にも違反することなく、また機密保持の義務もなく、開示当事者による開示前に受領当事者が知っていたことを証明できる。 (iii) 受領当事者は、開示当事者の機密情報を使用または参照することなく、受領当事者によって独自に開発されたことを証明できる。 または (iv) 開示当事者に対する義務に違反することなく、また機密保持の義務もなく、受領当事者が第三者から合法的に受け取ったもの。

  11. 保証および免責事項
  12. 6.1 相互保証。 各当事者は、他方の当事者に対して、(i) 正当に組織され、有効に存在し、その設立管轄内で良好な状態にある法人またはその他の法人であることを保証します。 (ii) 本契約を締結するために必要なすべての法人または同様の権限を有します。

    6.2 Aryaka 保証 Aryakaのサービスに対するパフォーマンス保証は、サービス レベル契約に具体的に規定されています。 お客様の唯一かつ排他的な救済策および Aryakaかかる保証の違反またはサービス レベルの不履行に対する の全責任は、サービス レベル契約に含まれる該当するサービス レベル クレジットとなります。 お客様は、お客様に支払われるべきサービス レベル クレジットの適用については再販業者が単独で責任を負うことを認め、これに同意するものとします。

    6.3 顧客保証。 顧客は、期間中、次のことを表明、保証、および誓約します。(i) サービスの使用は準拠法に準拠するものとする。 (ii) に送信されません。 Aryaka マリのいずれかcio私たちのコード; (iii) 顧客データは、第三者の知的財産、宣伝、プライバシー、その他の権利を侵害しておらず、今後も侵害しません。

    6.4 免責事項。 EXPRE を除くSSLY 法律で禁止されている範囲を除き、本契約の本文に記載されているものは、 ARYAKA、その関連会社およびライセンサーは、いかなる種類の表明または保証も行わず、本サービスに関して、明示的、黙示的(実際または法律の運用による)、または法定かどうかにかかわらず、本契約によりその他のあらゆる種類の表明または保証を否認します。または件名 MATT商品性、特定目的への適合性、非侵害に関する黙示的または明示的な保証または条件、および取引過程、履行過程、または取引の利用から生じる可能性のあるすべての保証を含む、本契約の内容。 ARYAKA サービスの使用またはアクセス、または ARYAKA 機器はエラーがなく、中断がなく、安全です。 によって、またはそれを通じて提供される、または利用可能となるサードパーティのコンテンツ ARYAKA またはその関連会社には、いかなる種類の表明または保証もなしに、「現状のまま」および「入手可能な状態」で提供されます。 ARYAKA サードパーティのコンテンツに起因または関連するすべての責任を否認し、お客様は以下に同意するものとします。 ARYAKA サードパーティのコンテンツについては責任を負いません。

  13. 損失保護
  14. 7.1 による補償 Aryaka. Aryaka は、本契約に基づいて許可された顧客によるサービスの使用が米国における有効な知的財産権を直接侵害していると主張する第三者によって顧客に対して行われた、または提起されたあらゆる請求、要求、訴訟、または手続き (「請求」) から顧客を弁護します。かかる第三者に提供し、かかる請求に関連して最終的に顧客に対して裁定された合理的な弁護士費用(以下「損失」)を含む、あらゆる損害、判決、損失または費用を顧客に支払うまたは払い戻すものとします。 ただし、顧客 (a) が速やかに Aryaka 請求の書面による通知。 (b) を与える Aryaka 請求の防御と和解の唯一の管理(ただし、 Aryaka 和解によって顧客のすべての責任が無条件に免除される場合を除き、顧客の事前の書面による同意なしに、いかなる請求も解決することはできません。) (c) 提供する Aryaka 請求の抗弁に関連してあらゆる合理的な支援があれば、 Aryakaさんの出費。 たとえそれが反対であっても、 Aryaka は、請求が以下に起因するか、またはそこから生じる範囲において、本条に基づく義務または責任を負いません。(1) 本契約で許可されていない方法でのサービスの使用。 (2) 第三者による本サービスの変更 Aryaka または顧客の仕様または要件に基づく。 (3) 当社が提供しない製品、サービス、プロセス、またはマテリアルと組み合わせたサービスの使用 Aryaka; (4) サードパーティのコンテンツ。 または (5) 顧客データ、または当社が提供しない成果物またはコンポーネント Aryaka。 お客様によるサービスの使用が現在 (または Aryakaの意見は、和解によって要求された場合、または次の場合に、差し止められる可能性があります。 Aryaka 重大な責任を回避するためにそのような措置が合理的に必要であると判断し、 Aryaka (i) 実質的に機能的に類似した製品またはサービスを代替することができます。 (ii) 影響を受けるサービスを継続して使用する権利を顧客に取得する。 または、(i) と (ii) が商業的に合理的でない場合 Aryakaの決意。 (iii) 影響を受けるサービスの顧客への提供を停止するか、本契約を終了します。 このセクションでは以下について説明します Aryakaは、本サービスに関する知的財産権の侵害または不正使用に関する申し立てまたは訴訟に関する、顧客の全責任および唯一かつ排他的な救済策を負います。

    7.2 顧客による補償。 お客様は、以下を補償し、防御し、保持するものとします。 Aryaka 補償対象当事者は、いかなる請求または損失に対しても損害を被りません。 Aryaka 以下に起因または関連する被補償当事者。(i) 本契約のいずれかの条項に対する顧客による違反。 (ii) 顧客データ。 または (iii) 顧客の過失または故意の不正行為。 ただし、 Aryaka (a) 速やかにお客様に申し立てを書面で通知します。 (b) 請求の防御と解決の独占的な管理権を顧客に与える(ただし、顧客は、同意なしに請求を解決できないことを条件とする) Aryaka和解によって該当する権利が無条件で解除されない限り、事前の書面による同意。 Aryaka 当事者はすべての責任を補償します)。 (c) お客様の費用負担で、請求の抗弁に関連するすべての合理的な支援をお客様に提供します。

  15. 責任の制限
  16. 8.1責任の制限。 法律で許可される最大限の範囲で、および以下の本セクションに規定する場合を除き、契約、不法行為、またはその他の責任理論に基づくかどうかにかかわらず、本契約に起因または関連して生じるいずれの当事者の総責任は、いかなる場合も、その総額を超えないものとします。責任の原因となった最新のイベントから過去 12 か月間のサービスに対して再販業者が支払った料金の合計。 上記の制限は累積的なものであり、請求または損害に対するすべての支払いが合算されて制限が満たされるかどうかが判断され、7 つ以上の請求が存在してもその制限が拡大されることはありません。 本条は、(I) 顧客の支払い義務、(II) 第 2.3 条 (補償) に基づくいずれかの当事者の補償義務、または (III) 第 4 条 (使用制限)、第 5 条 (プロ仕様) の違反に対する顧客の責任には適用されず、これらを制限しないものとします。独占的権利) またはセクション XNUMX (機密保持とデータ保護)。

    8.2 損害賠償の除外。 法律で許可される最大限の範囲で、および以下の本セクションに規定する場合を除き、いずれの当事者も、利益または収益の損失、または間接的、特別、付随的、結果的、補償、または懲罰的責任について、相手方当事者に対して一切の責任を負わないものとします。ただし、契約、不法行為、またはその他の責任理論に基づいて生じた損害、および当事者がかかる損害の可能性について知らされていたかどうかにかかわらず。 上記は、(I) 顧客の支払い義務、(II) 第 7 条 (補償) に基づくいずれかの当事者の補償義務、または (III) 第 2.3 条 (使用制限)、第 4 条 (適切) の違反に対する顧客の責任には適用されず、これらを制限しないものとします。アイルランドの権利) またはセクション 5 (機密保持とデータ保護)。

  17. サブスクリプション期間と終了
  18. 9.1 契約期間。 本契約の期間は発効日に始まり、すべての注文書に記載された条件が満了するか、すべての注文書(または本契約)が終了するまで継続します(「期間」)。 現在有効な注文書がない場合、いずれの当事者も他方当事者への書面による通知により本契約を終了することができます。

    9.2終了。 いずれの当事者も、(i) 他方の当事者による本契約の重大な違反が当該通知期間の満了時にも是正されない場合には、相手方当事者に 30 日前に書面で通知することにより、本契約を終了することができます。または、(ii)他方の当事者が破産、または破産、管財、清算、または債権者の利益のための譲渡に関連するその他の手続きの申し立ての対象となった場合には、ただちに。

    9.3 サービスの停止。 本契約に規定されているその他の権利または救済策 (終了の権利を含む) に加えて、 Aryaka は、サービスの提供を一時停止する権利を留保します。(i) 次の場合 Aryaka 顧客が第 2.3 条(使用制限)に違反した結果、一時停止が必要であるとみなした場合。 (ii) 場合 Aryaka 重大な危害を避けるために一時停止が必要であると合理的に判断した場合 Aryaka またはその他の顧客(サービスが外部で攻撃または中断を受けている場合を含む) Aryakaのコントロール。 または (iii) 準拠法の要求に応じて、または政府機関の要請に応じて。

    9.4 終了の影響。

    9.4.1. 全般的; 料金。 注文フォームの有効期限または終了があった場合、お客様は、有効期限または終了の日をもって、該当するサービスへのアクセスおよび使用を直ちに中止するものとします。 Aryaka の設備と機密情報 Aryaka。 本契約が終了すると、顧客は終了日時点ですべてのサービスへのアクセスと使用を直ちに中止するものとします。 Aryaka の設備と機密情報 Aryaka。 理由の如何を問わず、終了してもお客様の支払い義務は免除されません。

    9.4.2. ラストマイルサーキット。 再販業者の注文フォームに記載されている初期期間の終了前、または更新期間が終了する前にお客様がラスト マイル サーキットを終了する場合、すべての早期終了手数料に加えて、お客様は費用の 100% を支払うものとします。ラスト マイル サーキットの早期終了のためにサードパーティ サービス プロバイダーに発生した費用。

    9.4.3. の返却 Aryaka 装置。 お客様は全額返却します Aryaka 機器への Aryaka 該当する再販業者注文フォーム (または本契約) の期限切れまたは早期終了後、提供される前払いの配送指示に従って 60 日以内 Aryaka。 お客様がすべての商品を返品しない場合、 Aryaka そのような期間内に機器を使用した場合、お客様は 1,000 アイテムにつき XNUMX ドルを請求され、支払うことになります。 Aryaka あまり戻っていない機器 Aryaka.

    9.4.4. 存続条項。 以下のセクションは、本契約の終了または満了後も存続します: サブセクション 2.3 (使用制限)、セクション 3 (料金および支払い)、セクション 4 (所有権)、セクション 5 (機密保持およびデータ保護)、サブセクション 6.4 (免責事項)、セクション第 7 条 (補償)、第 8 条 (責任の制限)、第 9.4 条 (契約解除の効果)、および第 10 条 (一般規定)。

  19. 一般規定
  20. 10.1 両当事者の関係。 両当事者は独立した契約者です。 本契約は、両当事者間にパートナーシップ、フランチャイズ、合弁事業、代理店、受託者または雇用関係を構築するものではなく、また構築することを目的とするものでもありません。 第 7 条 (補償) を制限することなく、本契約の第三者受益者は存在しません。

    10.2 マーケティング。 Aryaka と d を使用できますispお客様の名前、ロゴ、商標、およびサービスマークを掲載する Aryakaのウェブサイトと Aryakaお客様を次の顧客として特定することに関連する、のマーケティング資料 Aryaka。 お客様は、共同プレスリリースに参加することに同意します。 Aryaka 発効日から 6 か月以内に顧客によるサービスの使用を発表します。ただし、かかるリリースの内容および配布に対する両当事者の事前の書面による承認が条件となります。

    10.3 通知。 本契約に基づくすべての通知は書面で行われなければならず、次の時点で行われたものとみなされます。(i) 個人への配達。 (ii) 返送受領書が要求された証明付き第一種郵便物の配達日。 または (iii) 確立された翌日配達宅配業者による受領証明書の書面。 通知は、本契約の前文に記載されている各当事者の住所に宛てて、該当する当事者の「法務部宛」に送付されます。 各当事者は、本項に従って通知を行うことにより、通知の受信者を変更することができます。 本契約に従って行われる、または与えられるすべての通信および通知は英語で行われます。

    10.4不可抗力。 本契約に基づく支払い義務を除き、いずれの当事者も、本契約に基づく義務の不履行または遅延について、その不履行または遅延が不可抗力によるものである限り、他方当事者に対して責任を負わないものとします。

    10.5割り当て。 いずれの当事者も、法律の運用またはその他の方法によるかどうかにかかわらず、相手方当事者の事前の書面による同意(不当に保留されないこと)がない限り、本契約に基づく権利または義務を譲渡することはできません。 上記にかかわらず、いずれの当事者も、合併、買収、企業再編、または資産のすべてまたは実質的にすべての売却に関連して、他方当事者の同意なしに、本契約全体を譲渡することができます。 ただし、お客様による競合他社 (または競合他社である XNUMX つ以上の関連会社を有する事業体) への譲渡は、 Aryaka または、の製品またはサービスと競合する製品またはサービスを提供する (またはそのアフィリエイトが提供する) Aryaka またはその関連会社は、事前に書面による同意を得る必要があります。 Aryaka。 本条に違反して当事者が本契約に基づく権利または義務を譲渡しようとする試みは無効であり、効力はありません。 前述の内容を条件として、本契約は両当事者、それぞれの後継者、および許可された譲受人の利益のために拘束され、効力を生じるものとします。

    10.6 準拠法。 本契約は、法の抵触の原則に関係なく、カリフォルニア州法に準拠し、それに従って解釈されるものとし、両当事者は、カリフォルニア州サンマテオ郡の該当する州裁判所、またはカリフォルニア州の連邦裁判所の専属管轄権および裁判地に服することに同意します。カリフォルニア州北部地区。 当事者は表明しますssly は、国際物品売買に関する国連条約の適用を否認します。 Aryaka お客様はすべての費用と費用を速やかに払い戻す権利を有します Aryaka 顧客による本契約の違反または違反の疑いに関連する調査、措置、またはその脅迫が行われた場合、合理的な弁護士費用を含む費用が発生します。 各当事者は、本契約に起因または関連する何らかの訴訟または訴訟に関連して、陪審裁判を受ける権利を放棄します。

    10.7 輸出コンプライアンス。 各当事者は、サービスの提供および使用において、米国およびその他の該当する管轄区域の輸出法および規制を遵守するものとします。 上記を制限することなく、(i) 各締約国は、輸出の受け入れが禁止されている米国政府の個人または団体のリストに自国が名指しされていないことを保証します。 (ii) 顧客は、米国の禁輸、禁止、または制限に違反してユーザーがサービスにアクセスまたは使用することを許可しないものとします。

    10.8 贈収賄防止法。 各当事者(その役員、取締役、従業員、代理人およびその管理下にある者を含む)は、以下を含む適用されるあらゆる汚職防止法および規制を遵守し、その請負業者、下請け業者および派遣労働者に遵守を要求します。米国海外腐敗行為防止法および 2010 年英国贈収賄法。公的または商業的な賄賂、受諾または黙認の目的または効果を持つ、金銭の支払い、申し出または移転が行われない、または受領されないことが両当事者の意図です。恐喝、リベート、その他の違法または不当な手段によるビジネスの取得または維持、または個人または団体へのビジネスの誘導。 さらに、各締約国は、その役員、取締役、従業員、代理人、または代表者のいずれも、領域政府またはその政府の部門または手段の役人または従業員ではなく、また、いずれの者も公務員ではないことを他方に対して保証するものとします。本契約に基づいて支払うべき金額の一部を直接的または間接的に共有する政党の役員または政治的公職の候補者。

    10.9 優先順位。 データ保護追加条項と本契約の他の条項との間に矛盾がある場合は、データ保護追加条項が優先されます。 本契約本文の規定とサービス概要および規約の規定との間に矛盾がある場合は、本契約本文の規定が優先します。 明確にするために、再販業者注文書を含む再販業者と顧客の間のあらゆる契約は、かかる事業体間の独立した契約であり、 Aryaka は当事者ではありません。 再販業者の注文フォームを含む、再販業者と顧客の間のいかなる契約の条項も条件も本契約を変更するものではありません。

    10.10 整数erp言い返し。 int の目的のためerp本契約については、(i) 文脈上別途必要な場合を除き、単数形には複数形が含まれ、複数形には単数形が含まれます。 (ii) 特に明記されていない限り、「本契約書」、「本契約書」、「本契約書」という用語、および同様の意味を持つその他の用語は、特定のセクションや段落ではなく、契約全体を指します。 (iii) 「含む」および「含む」という用語は限定条件として解釈されず、したがって、「含むがこれに限定されない」および「含むが限定されない」を意味します。 (iv) 「セクション」「セクション」、「サブセクション」または「サブセクション」への言及は、特に断りのない限り、契約の列挙されたセクションを指します。 (v) あらゆる法律(または本明細書で定義する「適用法」という用語に含まれるあらゆる項目)への言及には、変更または補足された形式の当該法律、または該当する場合、当該法律に代わる新たに採択された法律が含まれます。 (vi) 「日」、「月」、「年」への言及は、それぞれ暦日、暦月、暦年を意味します。 (vii) セクションおよびサブセクションの見出しは便宜上のものであり、意味や内容に影響を与えることを意図したものではありません。erp本契約の再発行。

    10.11その他。 本契約は、主題に関する両当事者間の完全な合意を構成します。 mattえー、ここで。 本契約は、書面または口頭を問わず、その主題に関する以前および同時期のすべての合意、提案、または表明に優先します。 mattえーっと。 いずれかの当事者による本契約に基づく権利の行使の不履行または遅延は、その権利またはその他の権利の放棄を構成するものではありません。 本契約に別段の定めがある場合を除き、本契約のいかなる条項の修正、修正、権利放棄も、正式に権限を与えられた両当事者の代表者による書面による署名がない限り、有効ではありません。 という条件で Aryaka 場合によっては一方的に DPA を変更する場合があります。 SLA サービスの説明と規約、およびサードパーティのコンテンツの利用可能性。 特定の事実または状況に対する本契約の条項の適用が、管轄裁判所によって無効または法的強制力がないと判断された場合、(i) 他の特定の事実または状況に適用される当該条項の有効性および法的強制力。本契約の他の条項の有効性は、それによっていかなる形でも影響を受けたり損なわれたりすることはありません。 (ii) 当該条項は、両当事者の意図を反映させるために可能な限り最大限に施行され、当該条項を有効かつ法的強制力とするために必要な範囲で、両当事者によるさらなる措置なしに改正されるものとする。 そこに矛盾する規定があるにもかかわらず、顧客の注文書またはその他の顧客の注文文書に記載されている条件は効力を持たず、そこに記載されている条件も本契約を修正または補足するものとはみなされません。かかる利用規約は無効となります。 本契約は複数回に分けて締結することができますerp芸術が集合して、拘束力のある XNUMX つの法的文書を形成します。 両当事者は、本契約の締結に関連して電子署名の使用および配信に同意し、さらに本契約への電子署名が手動で実行された署名と同じ強制力および効果を持つ法的拘束力を持つことに同意します。